本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

カーライフ

衝撃的な壊れ方 事故報道を見て

テレビ、ネット等でご覧になったかたも多いと思いますが、奈良県で学生5人の乗った車が横転して橋の欄干に激突して全員死亡するという事故が先日発生しました。無謀な運転の可能性が高く、ご意見・ご感想は色々あると思いますが、痛ましい事故で将来のある若い命が絶たれたことは悲しい出来事です。ご冥福をお祈りしたいと思います。


クルマを取り扱っている立場で多少なりともクルマの安全について考えている者としてあの壊れ方は率直に衝撃的でした。橋の欄干に突っ込んだだけならあんな壊れ方をするわけはないので横転により大破したのだと思われます。


車名は恐らくこれという情報がありましたので見てみたのですが、ちょっと旧めで重心の高い小型SUVです。フル定員乗車だったこともあり慣性が大きくなり勢いが増して大きな衝撃が車体に掛かったことが推察されます。


あくまで私見ですが、タイヤの摩耗やサスペンション周りの故障・不具合がなかったとすると「速度超過→アンダーステア(※)→急ハンドル→横転」 という順序だったと想像します。欄干に衝突しそうで急ハンドル切ったと思うのですが実際は不明です。 ※簡単に言うとステアリングを切っても曲がらない状態です。


『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』


最近の国産車は剛性、安全性ともに向上していますが、この車種は90年代後半に販売が開始された車種です。この頃の国産車は決して剛性が高くありません。エンジンパワーとシャシー(車台)のバランスが不釣合いのものもあり、経年変化でボディが歪んでしまっているものも多いはずです。サスペンション性能や取付け剛性の弱さから限界性能が低いものも多いと思います。(詳細説明は割愛しますが、これらの要素はアンダーステアを助長することが多いです。)


旧いクルマは安いことが多いので初めて乗るクルマやあまりお金をかけたくないけど必要に迫られて乗るクルマという場合等に良い選択肢となるケースもあります。


国産車は壊れ難いとは言え、10年、15年と経つと大きな故障が出てきたり、15年以上経つといざ壊れた時にパーツの入手が難しかったりする確率は上がります。中古で買った値段より修理費用のほうが高かったなんてことが発生するケースもあります。


分かっている人や使い捨て的に割り切れる人はいいのですが、旧いクルマと新しいクルマを同じ次元で考えるのは色々な意味で誤解を生みやすいです。自己責任で好きで乗るのは構わないのですが、初めてのクルマとしては適さない部分もあります。


安全性が低かったり維持に手間と費用が余計に掛かったりするデメリットが付きまとうことを頭の片隅にでも置いていただきたいなと思います。本質的には運転経験が少ない人ほど安全なクルマに乗るのが正しいと思うのですがどうでしょうか?(若い人のほうが収入が少なくいことが多く高いクルマを買いにくいという現実とは矛盾してしまうのですが・・・)


最後に、スピードはアクセル踏めば出ますので簡単です。でも、それはクルマの性能であってドライバーの技量ではありません。ドライバーのスキルに属するものは車体のコントロール、速度コントロールとブレーキングです。勘違いせず、クルマの性能と自分の腕を過信せず。これが自分や同乗者を守るために必要な心構えだと思います。



本日もお付き合いいただきありがとうございました。
クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。
あなたにピッタリのクルマお探しします。
http://car-makotoya.jp

シエンタが売れているようです

数日前のTwitterでは発信したのですが、シエンタの出足が好調なようです。月販目標は7000台とのことだそうで受注は4.9万台で7倍とか。予想外という意味では昨年ランクルが復活した時に似ています。一時のハリアーくらい長期間の納車待ちになるかもしれないですね。

12年もモデルチェンジしていない車種だったので待っていた方も多いのかもしれないですね。先日都内で走っている姿(イメージカラーのイエロー)を見かけましたが、確かに目立ちますし一目でシエンタと分かる個性もありました。

競合車種であるホンダのフリードもどちらかと言えば人気車種ですが、こちらもモデルチェンジから7年経過しているので早晩新型の投入が予想されます。こちらはすでにハイブリッド化していますが、この「スモールミニバン(もしくはミニ・ミニバン?)」は激戦区になりそうです。

一度ミニバンの快適性(解放感)と実用性・利便性を知ってしまうと他の車種に乗る気がしないという意見もあります。ノア・ヴォクシークラスではちょっと持て余す方でもこのサイズならという気持ちになる大きさですのでダウンサイズの需要も受け止められそうです。軽に飽きたユーザーもこの利便性は見逃せないでしょう。

 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』

従来はカローラ店のみだったチャネルが全チャネルになることでアクア、プリウス、シエンタが上位独占なんてこともあるかもしれないですね。これでニッサンかどこかがぶつけてくる可能性もあるし定番サイズになりそうな気もしていますがちょっと飛躍し過ぎ?

ちなみにハイブリッドとガソリン車の比率は半々だそうです。価格差などを見る限りすごく妥当な数字のような気がしています。私見ではありますが、シエンタの選び方に関する記事を書いていますのでご参考まで。(カーライフ又はクルマ選びのカテゴリーになります。)

トヨタのハイブリッドの新型車種でよくあることなのですが、シエンタも3か月~6か月待ちになっちゃう可能性高いですね。ちなみに中古市場(=業者オークション)でも新型シエンタの出品は始まっています。どうしてもすぐ欲しい方があれば競ってみる価値はあるかもしれません。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。
クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。
あなたにピッタリのクルマお探しします。
http://car-makotoya.jp

曲がり切れなくて・・・内輪差の仕業

日曜日の夕方、またもや事故現場に遭遇してしまいました。今度はトラックの立ち往生・・・。詳しくはこの後書きますが、ドライバーは針の筵だったと思います。

場所は事務所近くの片側一車線のごくごく普通の道路。信号一回では通過できないことはありますが、10分や20分も待つような場所ではありません。

近くに神社があるので祭り?と思ったものの、その神社は確か7月に盆踊りやってたような気がします。

急いでいる時ならUターンまたは別の道を探すのですが、逆に好奇心で原因を確認してみたくなったので待ってみることにしました。ところが、号が変わったのを確認できても全然動きません(汗)前のクルマがミニバンで前が全然見えないから状況がまったく分からないのですが、かれこれ20分くらい待っていたような気がします。

すると・・・トラックが何故か立ち往生して道を半分塞いでしまってます。エンジン故障か?信号や電柱をなぎ倒したわけでもなく、なにもとっちらかっていないので不思議に思って少しずつ前に進むと・・・。4トンくらいのアルミボックスが付いたトラックの荷台の下にガードレールが入り込んで引っかかっている状態・・・。

 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』

端的に言うと、四輪車の場合曲がる方向の後輪は前輪より内側を通るので差が生じますが、その差が内輪差です。ホイールベース(車軸間距離)が長ければ長いほど内輪差は大きくなりますからバスやトラックは当然内輪差が大きくなります。しかも、この交差点は90度ではなくやや鋭角に左折する場所なので前輪を通しても後輪が引っかかりやすいのです。

大きなクルマが一度曲がる方向と逆に振ってから大回りするように曲がる場面を見たことがあると思いますが、これは要するに内輪差を解消するために行っていると言えます。

乗用車でも細い道の曲がり角では同じようなことをします。頭が入って道路と平行の態勢に近づくほど横っ腹が接触する確率は減るわけです。

ミニバンで横っ腹をぶつけてしまっている光景はわりと多いですが、前が短めな構造のミニバンの場合前は通しやすいが自分の感覚以上に後ろが残ってしまう。そんなところでしょうか。

なお、今回は写真撮りませんでした。ドライバーの姿が見えたのですが、自業自得とは言え傷口に塩を塗り込むような気がして撮る気が起きなかったです。明らかに迷惑なドライバーでしたが、内輪差というクルマの根本的な現実を改めて考える出来事となりました。

大げさかもしれないけど、クルマも人も傷つけない運転のコツの一つですね。
本日もお付き合いいただきありがとうございました。

クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。
あなたにピッタリのクルマお探しします。
 http://car-makotoya.jp

事故現場に遭遇

今日は終戦記念日。自分より若い世代の人だと実感がないと思いますが、自分の実の祖父は戦地で命を落としました。そして、祖母が再婚して直接は血が繋がっていないけれど自分を可愛がってくれた祖父も戦地を経験しています。1人の日本人として色々思うこともあるのですが、この場ではクルマや日々の生活に関係したことを書きたいのでいつも通り行きたいと思います。


一応定休日というのは設定しているものの有名無実です(笑)予定が入っていなければ休みという感じでやってますが、昨日は一日フリーだったのでぷらぷらと目的地も決めずにテキトーにクルマを走らせていました。周辺の地図・位置関係は頭に入っているのでたまにはこっちのほう行ってみるかという感じのゆるーいドライブです(笑)


 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』

そして数時間走っているうちに埼玉県内の某市のバイパスを通行中に突然渋滞で動かなくなりました。そんな渋滞するような場所ではないんだけどなと思っていたら救急車が通過。数分後に再びサイレンで消防車が一台来てる。火事なら複数車両だよなと思いつつ、端に寄って道を空けた際に確認すると救助の文字が・・・レスキュー?

ということは事故だなと思いつつ前に進むと一台のクルマが中央分離帯に乗り上げて更に対向車に接触したらしく対向車のボンネットが曲がってかつ開いてしまっている状態。

事故車両はおそらくプレミオ。シルバーで高齢者のマークが貼ってありました。詳細は分かりませんが、運転席の空間はだいぶ残っていた感じなので一命を取り留めているといいなと思いつつその場を後にしました。

ちなみに、現場で交通規制があって数分停車していたので思わず写真は撮ったのですが、被害者の方もあるので掲載は差し控えることにしました。

ミニバンや軽、ハイエースのような形状のボンネットが短いタイプのクルマに乗る方も多いわけです。いくらクルマの安全性が向上して強度が上がっているとは言え、特に軽は物理的な長さは短いわけなので中型のセダンと同じ被害であ済んだかというと疑問も残ります。

エアバッグはあっても補助的なものです。残念ながらクルマの構造設計や衝突安全性を計数化して語れるほどの知識はないので利用者として感覚的なことしか言えませんが、こういうのを目の当たりにすると軽には乗りたくないなと思うわけです。

経済合理性から軽を選ぶ人が多くなり、税金が多少上がったことで軽離れ!?という予測が出るような話まで聞こえて来ています。

経済合理性を中心にクルマを選ぶことを否定するつもりはないですし、万が一のことばかり考えてクルマを選ぶわけにもいきませんが、安全性を優先にクルマを選ぶ価値観があってもいいなと思います。

安全性にも色々な要素があり、今の旬はぶつからないように機械が補助するというもので各社が競っています。今回目撃した事故がレーダーサポート機能で防げたのかどうかまで断定できませんが、衝突安全性は常に重要な必須要素です。

最終的にはユーザーの判断によってしまいますが、外観や装備品といった目に付く部分よりは地味ですし、購買動機になり得るケースも低いです。でも、安全性に関することは常に意識してクルマ選びのお手伝いをしたいですね。安全はやっぱり一番大事な部類の要素ですから。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。

クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。
あなたにピッタリのクルマお探しします。
 http://car-makotoya.jp

やっちまった・・・バッテリー上がり

先日メンテナンスに関する記事をサクッと書いて投稿しました。(カーライフのカテゴリーです。)

その際に夏場はエアコンをガンガン使ってバッテリーの突然死もありますから交換しましょうと書いたのですが、恥ずかしながら、なんとまぁ自分が最近バッテリー交換する羽目になりました。

今はちょっと旧めのBMWに乗っているのですが、このクルマが曲者でエンジンを停止してもシガーソケットには通電している仕様なんです。ちょっと国産車の常識では考えられないし、少なくとも乗ったことのある輸入車でもそんな仕様はありませんでした。

ライトやルームランプ点けっ放しでバッテリー上げちゃった話は結構ありますよね?今回はそうではなくシガープラグ挿しっぱなしです。

タバコは吸わないのでシガーライターのソケットは各種機器の電源を取る用途に使っていて三つ又のソケットで色々挿してます。その三つ又ソケットをシガープラグに挿したまま、ついでにプラズマクラスター清浄機の電源を入れたまま放置してしまったんです・・・汗

 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』

いつもは気を付けて抜くんですが、母親を乗せて出かけたりしてバタバタしてるうちにうっかりそのままにして次に乗るときまでたまたま間が空いてしまいました。

気づいた日は免許の更新やら役所の用事がある日で、ドアロック解除した時の音がいつもと違うので違和感を覚えて嫌な予感が頭をよぎり・・・予想通りエンジン掛からず・・・。

やっちまった・・・・。

まぁ、警告灯は点かないもののだいぶ弱っているかなというのは分かっていて、そろそろ交換時期かなとは思ってたのでそれが早まっただけなんですが、やっぱり予想外の事態は一瞬萎えます(笑)

ケーブルつないで始動だけさせる手もあったのですが、交換が妥当だし、とりえあず欧州規格の互換バッテリー探して注文。

ちなみにBMWのバッテリーは後ろにあります。昔乗ってたスカイライン、Cクラスもそうでした。重量配分を考えてのレイアウトですが、交換はし易いかもしれませんね。

バッテリーを外すときはマイナスから、着けるときはプラスから。車載工具等があってこれが分かっていればバッテリー交換は簡単です。ネットでいくらでも情報は出てきます。

あとは廃バッテリーの処分ですが、過去にガソリンスタンドでは500円くらいで引き取ってもらったことがあります。それから、ホームセンターで買って交換後に持ち込むと無料で引き取ってくれたはずです。ネットでも買った場合でも無料引き取りしてくれるところもありますし、廃品回収業者が引き取ってくれることもあるようです。この点はそれほど悩まなくてよいと思うのでご自身でチャレンジしてみるのもいいと思います。

まぁ、その前にバッテリー上げないように気を付けましょう(笑)
本日もお付き合いいただきありがとうございました。

クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。
あなたにピッタリのクルマお探しします。
 http://car-makotoya.jp
ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場