本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

データ

1月の新車販売台数

 新型プリウスは12月の時点では半年待ちなんて話を聞きました。ジャーナリスト・玄人筋の評価も高めのようで当面「プリウス天下」が続きそうな気配です。それにしてもトヨタは強いです。それでは新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位  プリウス
第2位     アクア
第3位  シエンタ
第4位     ノート

第5位     フィット

第6位     デミオ
第7位  ヴォクシー
第8位   セレナ
第9位   カローラ
第10位  ヴェゼル

今月もプリウスが強いです。なんと2万台の大台を超えてきています。片や1.2万台売れているアクアが既にデビューから4年以上経過していることもあってか当面はこの強さ続きそうな気がします。恐らくマイナーチェンジで生産が止まっていて順位を下げていたであろうデミオも堅調に復活しています。

セレナ、ヴォクシーのミニバン2台以外はハイブリッドか1.5Lまでのエンジンがメインになるコンパクト〜ミドルサイズの車種です。現在、日本で販売台数稼げるクルマって燃費が良くて大きくないクルマというのが現状のようです。

順位は28位で約2500台ではあるのですが、日産のEVであるリーフがランクインしていました。マイナーチェンジで航行距離が伸びたという話は聞いてましたが、こんなに売れるんだというのが正直な感想です。


■軽自動車
第1位    タント
第2位    N-BOX

第3位    デイズ
第4位    アルト
第5位    ハスラー
第6位    ムーヴ

第7位    ワゴンR

第8位    スペーシア
第9位    キャスト

第10位  N-WGN

上位3台は先月と変わらずですが、4位以下は結構変動がありました。昨年発売されたキャストもちょっと一息つき、ハスラーが再び盛り返してきました。スズキの車種は満遍なく売れていますね。ワゴンRが昔ほど売れてなくて突出して売れる車種がない反面、上位10位には4台ランクインしているのも事実。多様化したニーズを受け止められる車種構成になっているというのが個人的な見方です。

軽自動車があまり売れていないという話は少し前から出ていますが、上位15台のうち12台が前年同月比割れという状況です。キャストは昨年9月発売で対象外ですが、前年同月比でプラスなのはタントとスペーシアの背が高くて室内が広い車種だけ。あとはマイナスで、平均すると70%程度かなという感じです。

一時期バカ売れしてましたからね。買い替え需要も来ておらず、さすがに頭打ちとところなのかもしれないです。
 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

12月の新車販売台数

 新型プリウスは12月の時点では半年待ちなんて話を聞きました。ジャーナリスト・玄人筋の評価も高めのようで当面「プリウス天下」が続きそうな気配です。それにしてもトヨタは強いです。それでは新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位    プリウス
第2位     アクア
第3位    シエンタ
第4位     フィット
第5位     ヴォクシー
第6位     カローラ
第7位   ノート
第8位   ヴィッツ
第9位    ヴェゼル
第10位  インプレッサ

インプレッサは10月にマイナーチェンジが入り販売が伸びているようですね。エコカー全盛の中では通好みの選択にはなりますが、クルマ好き比率は高めかもしれません。ミニバンでTOP10に入っているのはヴォクシーだけになっていて一時期ほどミニバンが売れていないという印象もあります。当然波はあるのですが、モデルチェンジからそれほど経過していないステップワゴンがモデル末期のセレナ(値引きは相当だと思いますが)といい勝負で11位と12位だったりします。

3~4人の家族で常時3列シートが必要か?という点を認識されている方が増えている可能性もあります。いざというときにあると便利な3列目のシートですが、こうなるとシエンタの大きさで十分となります。2列ならソリオでOKです。ホンダのフリードが今年モデルチェンジという話もあるのでミニバンのカテゴリーもダウンサイジングの流れがあるようです。これでニッサンあたりが同じようなミニミニバンを出してくると2リッタークラスのミニバンのマーケットは確実に萎んでしまうのかもしれません。


■軽自動車
第1位    タント
第2位    N-BOX

第3位    デイズ
第4位    キャスト
第5位    ワゴンR
第6位    アルト

第7位    ムーヴ

第8位    N-WGN
第9位    ハスラー

第10位  ミラ

久々にタントが首位に返り咲きました。ボーナス商戦で相当力が入ったのでしょう。キャストなんて売れるのか?という疑問を当初持っていたのですが、確実に上位に来ています。ちょっと前だとミラ(ミライースを中心に考えて)がもう少し売れていましたが、ベーシックな軽は以前ほど注目されていないのではないかと思います。軽にも相応の高級感、快適性が求められていてキャストはちょうど良い選択なのかな?と思ってます。ベーシック軽の代表であるアルトは某タレントさんの不倫騒動に巻き込まれて多少売上げが落ちるのでは?という話も含めて(笑)、確かに軽にも個性や付加価値が求められているようです。

3位のニッサンのデイズについてもシートが厚くてしっかりしていて快適だったりします。そのあたりも売れている要因の一つではないかと思います。自分がどうしても軽となった場合何に乗るか考えてみたのですが、ハスラーかN-ONEになると思います。やっぱりイニシャルがDの会社のクルマには乗らないでしょうね。クルマ好きとあのイメージ戦略はフィットしないんですね。決してクルマがどうこうということではないのですが・・・。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

11月の新車販売台数

 今月はずいぶん遅くなってしまいましたが新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位    アクア
第2位     シエンタ
第3位    ヴォクシー
第4位     カローラ
第5位     フィット
第6位     ノート 
第7位   ヴィッツ
第8位   プリウス
第9位    ヴェゼル
第10位  クラウン

先月と顔ぶれは変わりませんが、プリウスの台数が下がって多少の順位変動があっただけです。結局売れているのはトヨタだけ(笑) トヨタの商品力がすごいのか販売力(営業力)がすごいのか・・・結局はどちらもすごいのでしょう。12月もしくは近い将来プリウスが1位になるでしょうし、他メーカーの強力な対抗馬もなさそうなので当面トヨタ天下が続くんだろうなと思います。


■軽自動車
第1位    N-BOX
第2位    タント

第3位    デイズ
第4位    キャスト
第5位    ムーヴ
第6位    アルト

第7位    ワゴンR

第8位    ミラ
第9位    N-WGN

第10位  ハスラー

多少の入れ替わりがありましたが、上位はほぼ変わらずです。ただ、2位のタントは前年同月比69%だそうで、タントほどの人気車種であっても3割以上販売台数が落ちているというのは軽自動車が売れていない(増税前の購入で需要先食い?)状況を表しているようです。その他の人気車種も同程度の下落ですが、ワゴンRに至っては前年同月比43%だとか・・・。その中で前年同月比でもアップしているN-BOX。3車種合計とはいえかなり強力な状況であることが分ります。標準のN-BOXは出てからだいぶ経過していますが息の長いベストセラーになってます。
 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

10月の新車販売台数

今月も新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位  アクア
第2位 シエンタ
第3位  フィット
第4位  カローラ
第5位  ヴォクシー
第6位    プリウス
第7位  ノート
第8位  ヴィッツ
第9位  ヴェゼル
第10位  クラウン

プリウスは年末にはフルモデルチェンジを控えていますので売れ行きも落ちてきましたね。しかし、アクアとシエンタで鉄壁のワン・ツーといった感じです。1年ほどこの記事書いてますが、クラウンが10位までに入ってきた記憶はありません。マイナーチェンジによって一時的に販売が伸びているものだと思います。ちなみにモデルチェンジした新型ソリオですが16位に入って約4000台を販売しています。堅調なスタートである印象です。 


■軽自動車
第1位  N-BOX
第2位  タント

第3位  デイズ
第4位  キャスト
第5位  ハスラー
第6位  アルト

第7位  ワゴンR

第8位  ムーヴ
第9位  スペーシア

第10位  ミラ

こちらはN-BOX強しの状況が続いています。そして次がタントという順番は変わらず。キャスト(アクティバ)という競合車種が出てきたせいでしょうか、ハスラーの販売台数が増えて5位に上昇してきました。そしてキャストですが、こんなに上位に来るとは思っていませんでした。色々な見方は出来るでしょうが、ミラ(イース)やムーヴを購入していたユーザー層がこちらに移行しているのかもしれません。


軽自動車の売れ筋が130万以上の中〜高価格帯になっているんでしょう。アルト、ミラといったベーシックで軽くて燃費が良いタイプの販売台数は以前より減少し、ムーヴ、ワゴンRといった一昔前からある標準的な軽ワゴンタイプの競争力は落ちているようです。背が高くて室内が広いタイプか個性が明確な車種が上位に来ています。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp


9月の新車販売台数

今月も新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位  アクア
第2位 シエンタ
第3位  カローラ
第4位  プリウス
第5位  ノート
第6位    フィット
第7位  ヴォクシー
第8位  エクストレイル
第9位  デミオ
第10位  ヴィッツ


とうとう4位までをトヨタ車が占めてしまいました。シエンタは予想通り売れてますね。アクアとの差は7000台ほどあるので首位が入れ替わる可能性は低いと思いますが、このワン・ツー体制は少し続きそうですね。これでプリウスが年末モデルチェンジなので盤石ですね。


意外なところではエクストレイルがTOP10に登場。ハイブリッド効果でしょう。ヴォクシーも一時の勢いがなく、ノア、エスクァイアも同様です。新型需要が一段落したという見方もできますが、ミニバン需要はシエンタに取られてしまっている感もあり、トヨタ間の販売競争も激しいようです。シャトルは12位で堅調です。

 

 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』


■軽自動車
第1位  N-BOX
第2位  デイズ

第3位  タント
第4位  ワゴンR
第5位  アルト
第6位  N-WGN

第7位  ムーヴ

第8位  ミラ
第9位  スペーシア

第10位  ハスラー


多少の変動ありますが、10位までのメンバーは同じです。ワゴンRが一時期より盛り返してきました。登録車を含めて日産の販促が強化されたようで健闘がハッキリわかります。

そして、11位はダイハツのニューモデル「キャスト」です。販売台数は約7000台。予約も含めて一気に計上した可能性もありそうで来月以降で実際の売れ行きが明確になるように思います。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


注文販売専門。じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp



ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場