本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

2016年01月

オデッセイにハイブリッド登場

2月上旬だそうです、オデッセイ・ハイブリッドの発売は。

記事自体は昨年末のものですがご紹介しておきます。

http://www.corism.com/news/honda/2106.html


事前の話では燃費がリッターあたり26キロだそうです。現在のガソリン車の倍くらいの燃費性能になります。クラウンのハイブリッドより更に良い燃費でライバルのアルファード・ヴェルファイアが20キロ未満ということを考えると訴求力は大きいですね。基本的にはアコードに搭載されているハイブリッドシステムと同様だそうです。アコードはカタログ燃費で30キロですから、多少車重と空気抵抗が増えた分落ちているという感じと判断しています。

高級ミニバンの先駆者的なクルマでスポーティーなテイストへの指名買いのファンもいるはずですが、やはりハイブリッドという武器がないと戦えないのが現状なんだと思います。恐らく400万に近い価格になると思われ、アルファード・ヴェルファイア、エスティマは当然のことながら、時にはクラウンと比較される可能性もあります。

クルマの良し悪しだけでなく、高級車ユーザーを満足させる+αも求められるのでそのあたりがどうなっているのか興味があります。ということで今回は乗り心地重視でエアサスが採用されているそうです。恐らく400万以上の上位グレードでしょう。エアサス自体はコストが高い仕組みになりますので壊れた時は結構な出費になります。ホンダはエアサス搭載車は過去にあったかな?

一般論として、新しい仕組みって結構不具合出るケースも多いのでなんとなく不安もありますね。ベンツあたりも色々トラブルあったような話を聞いています。詳細は発売されてから確認ですが、将来の中古車的に考えると普通のサスペンションのほうが手堅いかなと思います。

というわけでホンダのHPを確認してみたら、いきなりオデッセイ・ハイブリッドの動画コンテンツが流れてきました。うーん、これデフォルトの音声OFFIにしてもらえないですかね・・・。オフィスで見るケースもあるだろうし、上級管理職や役員クラスの方もそれなりに居るわけですからその辺りの配慮があってもいいかと。自分自身はなんかセンスないなという捉え方をしてしまいました。

さて、どんなクルマになっているでしょうか。こうなると逆にガソリン車は価値が下がり、値引き幅も大きくなるのでお買い得という見方も出来ます。距離はそれほど走らないという方はガソリン車がお得になるケースもありますので吟味したいところです。

じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp


猫バンバンプロジェクト 自分も気をつけねば!

にゃんだ?と思った方も多いかもしれないですが、SNS上でこんな呼びかけがされています。自分も最近知りました。とりあえず日産のHPをご案内しておきます。

http://www.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

自分の場合クルマ好きでもあり、猫好きでもあります。気をつけないといけないです。これまで自分自身のクルマで遭遇したことはありませんが、猫は生きるために自分の身を守るためにそういう行動をしているわけです。クルマという物体は人間が作り上げたものでネコ社会では単に身を隠す空間、暖を取る場所ですね。人間のほうが気を付けてあげないといけないのだと思います。

余談ですが、ネズミは人間の親指ほどの隙間があれば入り込んでしまうそうです。実は以前に済んでいたマンションに飲食店が入っていたのですが、食べ物が豊富で入り込む隙間があったんでしょうか・・・夜中に天井裏から小動物らしき生き物の足音が聞こえて駆除を依頼したことがあってそんなことを知りました。

猫もちょっとした隙間があれば入っていきます。多くのクルマが対象になりそうですのでこの記事をご覧になった方で賛同いただける方は是非ご協力いただきたいと思います。よろしくお願い致します。

じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

新型プリウスは半年待ち

月曜日の雪以来寒さが増している感じです。西日本については全県庁所在地の最低気温が氷点下になったとか・・・九州各地でも雪が降っているようです。

さて、実は今HPのリニューアルを進めていまして、トップページをちょっと模様替えする予定です。先日もその打ち合わせで長年の友人でもあるデザイナーと打ち合わせをしていました。彼はビジネス系の各種デザインや広告関係が本職なのですが、ソフトウェアの販売も手がけている多彩な人間です。ほんといつも世話になりっぱなしですが、打ち合わせが終わった後の飲みが楽しいんですよね。年齢が同じなので基本的に話が合います。隙あらば交替でボケの応酬が始まってしまうんですね(笑)楽しい酒なんです。

そして、彼自身もクルマ好きなので今回は新型プリウスの話になりました。彼としては新型プリウスのデザインはあまり好みではないそうです。どちらかといえばカチッとしていてシンプルなほうが好みなのでそう見えてしまうのかもしれません。トヨタにしては思い切った方向転換とも見えますし、馴染むのには多少時間がかかるかもとは感じていました。先代のプリウスは刺激的な部分はないですが、良い意味で普通のクルマとしてオーソドックスにまとまっている印象でしたので余計にそうなのかもしれません。

自分はつい先日実物(白系だったと思います)を見たのですが、Webの画像等より実物は違和感が少ないという感想を持ってます。クルマ好きというよりは万人に愛される要素が強い車種ですが、実物を見て、これまでにない価値を感じ、そして40キロを超える燃費性能を魅力的に感じている方からの予約が殺到して納車は半年待ちだそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160118-00000069-jij-bus_all

どうしても待てない方!業者オークションでは既に50系プリウスが出品されています。こういったクルマを自在にお探しできるのが注文販売の良いところです。値段は新車並みになってます。

じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

12月の新車販売台数

 新型プリウスは12月の時点では半年待ちなんて話を聞きました。ジャーナリスト・玄人筋の評価も高めのようで当面「プリウス天下」が続きそうな気配です。それにしてもトヨタは強いです。それでは新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位    プリウス
第2位     アクア
第3位    シエンタ
第4位     フィット
第5位     ヴォクシー
第6位     カローラ
第7位   ノート
第8位   ヴィッツ
第9位    ヴェゼル
第10位  インプレッサ

インプレッサは10月にマイナーチェンジが入り販売が伸びているようですね。エコカー全盛の中では通好みの選択にはなりますが、クルマ好き比率は高めかもしれません。ミニバンでTOP10に入っているのはヴォクシーだけになっていて一時期ほどミニバンが売れていないという印象もあります。当然波はあるのですが、モデルチェンジからそれほど経過していないステップワゴンがモデル末期のセレナ(値引きは相当だと思いますが)といい勝負で11位と12位だったりします。

3~4人の家族で常時3列シートが必要か?という点を認識されている方が増えている可能性もあります。いざというときにあると便利な3列目のシートですが、こうなるとシエンタの大きさで十分となります。2列ならソリオでOKです。ホンダのフリードが今年モデルチェンジという話もあるのでミニバンのカテゴリーもダウンサイジングの流れがあるようです。これでニッサンあたりが同じようなミニミニバンを出してくると2リッタークラスのミニバンのマーケットは確実に萎んでしまうのかもしれません。


■軽自動車
第1位    タント
第2位    N-BOX

第3位    デイズ
第4位    キャスト
第5位    ワゴンR
第6位    アルト

第7位    ムーヴ

第8位    N-WGN
第9位    ハスラー

第10位  ミラ

久々にタントが首位に返り咲きました。ボーナス商戦で相当力が入ったのでしょう。キャストなんて売れるのか?という疑問を当初持っていたのですが、確実に上位に来ています。ちょっと前だとミラ(ミライースを中心に考えて)がもう少し売れていましたが、ベーシックな軽は以前ほど注目されていないのではないかと思います。軽にも相応の高級感、快適性が求められていてキャストはちょうど良い選択なのかな?と思ってます。ベーシック軽の代表であるアルトは某タレントさんの不倫騒動に巻き込まれて多少売上げが落ちるのでは?という話も含めて(笑)、確かに軽にも個性や付加価値が求められているようです。

3位のニッサンのデイズについてもシートが厚くてしっかりしていて快適だったりします。そのあたりも売れている要因の一つではないかと思います。自分がどうしても軽となった場合何に乗るか考えてみたのですが、ハスラーかN-ONEになると思います。やっぱりイニシャルがDの会社のクルマには乗らないでしょうね。クルマ好きとあのイメージ戦略はフィットしないんですね。決してクルマがどうこうということではないのですが・・・。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場