本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

2015年09月

わさびと赤ワインって合うんだ

最近なんとなく赤ワインを飲みたいなという気分になりました。別に苦手ということはないのですが、家に普段あるものだとつまみに困るから飲みたいと思うことが少ないということが主な原因です。

これまでもごくたまに飲む時はチーズ買ってきて飲む程度でしたが、なにか合うものはないんだろうかと考えてちょろっと検索してみたら「わさび味の柿ピー」が実は合うという話が出てました。

もちろん、そんな超和風なものが合うか?という疑問を感じざるを得ないというのが平均的な反応じゃないですか?

ところが、根拠としては香りの強い赤ワインだとわさびの香りの強さに負けないから意外と合うということらしい。

まぁ、確かにちょっとクセのある、芋感強い白麹系の芋焼酎を飲むときは味の強いタレの焼き鳥が合います。寿司や刺し身は日本酒、脂っこい食べ物にはビールやチューハイ系の炭酸のほうがさっぱりして良かったりします。チーズや肉が合う赤ワインは確かにちょっと臭いくらいの食べ物のほうが合うというのも合点の行く話です。

 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』

さて、赤ワイン飲みたいと思って実際買いに行った時に考えました。そこで 「わさび味の柿ピー」にいってしまってはせっかくコメを控えているのに!という話になるので考えてたら「チーズとわさび漬け」なんてどうかな?という実験を思いつきました。

父方の出が伊豆の天城方面ということもあってわさび漬けは子供の頃から食卓にあるものだったし、大人になって好きになりました。伊豆方面行った時は決まった場所で土産として買い込みます。

先入観があるから、実際に食すまで疑念もありましたが、ズバリ合います!!普通のプロセスチーズにわさび漬けを少し乗せて食べてみたんですがこれが合うんです。わさび漬けだけをそのまま口に入れてから赤ワインで追っかけても違和感ありません。

これはちょっと発見でした。料理の腕がある方ならもっと工夫ができると思うんですが、自分の場合はこんな工夫が限界です(笑)いいつまみになりました。

つまみがいいと酒が進みます。あっという間に一本飲み干してしまったのは言うまでもありません(汗)体に良い効能も期待できるという赤ワインですが、飲み過ぎ注意の旨し酒がまた増えてしまいました・・・ヤバいです(汗)
 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


オーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp


8月の新車販売台数

別の内容を記事にしてしまいうっかり忘れていましたが、今月も新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位  アクア
第2位  シエンタ
第3位  カローラ
第4位  フィット
第5位  プリウス
第6位   ヴォクシー
第7位  ノート
第8位  デミオ
第9位  ヴェゼル
第10位  ヴィッツ



トヨタ強しです。フィット以外は対抗馬がいないのが実状ですが、新型プリウスが出てくる年末にはほんとに上位が全部トヨタなんてことが現実になるかもしれません。それにしても今年に入ってカローラが堅調です。元祖一番売れているクルマはカローラですし、長年の乗っているユーザーも多いですから買い替え需要が大きくなっても不思議ではありません。あるいは親子2世代で愛車なんてケースもあるのかもしれません。



ちなみに11位にはシャトルが入っています。ミニバンは必要ないが積載性と実用性は重視するユーザーが購入していることが予想されますが、徐々にランクが上がっているようです。ちょうど良いサイズですよね。一家で3人〜4人家族での利用が中心であれば暮らしの中でかなり便利に使っていけそうです。ちなみに車種が少なくなったステーションワゴンではこれが突出していて、次に売れているのは2000台前後のレヴォーグになります。



 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』


■軽自動車
第1位  N-BOX
第2位  タント
第3位  デイズ
第4位  ワゴンR
第5位  アルト
第6位  ムーヴ
第7位  ミラ
第8位  N-WGN
第9位  ハスラー
第10位  スペーシア


先月とほとんど変わらない顔ぶれです。順位の多少の変動があるものの2強+その他という構図は変わりませんね。ちなみに11位は相変わらずウェイクです。

さて、先月新しく発売されたダイハツ・キャストですが、今月以降ランクインしてくる可能性があります。若い世代の人に訴えかける新しいコンセプトの車種という感じでPRされていますが、3バリエーションが展開されて感性に合うものを選べるようになっています。詳細はまた記事にしようと思いますが、来月以降どんな状況になるのか注目したいと思います。


軽SUVのジャンルではハスラーが健闘していますが、ダイハツは今まで対抗馬を持っていませんでした。キャストにはSUV版がありますので一応ライバルになるのかな? スズキの無骨さとは違いお洒落に乗るタイプかもしれませんが、コペンが本格スポーツカーではないようにマニアでなくても乗りやすくてとっつきやすいのがダイハツのいいところだと思います。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


オーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

コメを減らしたものの停滞中

大体一ヶ月に一度書かせてもらっているネタですが、かれこれ一ヶ月停滞してます。セーブしてはいるものの単純に摂取カロリーが多いのか、停滞しているのか分かりません。

とりあえず、ここで諦めるか時期が来るまで待つか?分かれ目なのかなとは思うけど結構焦れったいもんです。体重も筋肉量もほとんど変わらずなので結果体脂肪も増えていないことは間違いなさそうです。
 
まぁほんとに見事なくらい動きません(笑)以前は飲めるだけ飲んでた感のある酒量もできるだけ抑えてますが、やっぱり奥の手を出さないとだめだろうか・・(汗)

『クルマ探しはこちらから→www.car-makotoya.jp』

実は以前某社の代替フード系のダイエットを試みたことがあって確かに減ったのですが、風邪で一度体調を崩したら完治するまでに異常に時間が掛かりました。そんなわけで必要以上に栄養摂取を控えたくないというのもあります。とりあえず今のところ持病もなくわりと健康ではあるので。

でも、大して食べなくても体重が減らないのは自分の体質にも問題があるのかなという疑問もあり最近気にしているのが腸内環境というキーワード。

ちゃんとした研究をされている先生が監修している雑誌を買って色々模索中です。

とりあえず実践しているのがヨーグルトを食べることと野菜や果物の摂取量を少しでも増やすこと。それほど好きではないヨーグルトですが、色んな種類があってどれがいいのか迷います。とりあえず「トクホ」で色んな意味で腹に良さそうでかつ口に合う銘柄を見つけ2週間ほど毎日200gほど食べてます。

しかし、残念ながら今のところ大した変化はなし・・・。見た目はもちろん、腹の調子もあまり変わった実感はなし。ただ、単なる体調の変化なのか肉を食べたいと思う回数はちょっと減った気もします。ヨーグルトのおかげでデブ菌の活動が少し収まったのでしょうか(笑)

まぁ、冷静に考えれば何十年もかけて変化した腸内環境が数週間で激変するわけもなく、栄養だと思って少し続けてみるしかなさそうです。

目指すのは筋肉を落とさず、脂肪を出来るだけ落とし、食べても太りにくい体質。道は遠いのかもしれませんがとりあえず一喜一憂せず長い目で考えていこうと思います。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

オーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。
 www.car-makotoya.jp

新型プリウスと同日にiPhone発表

新型プリウス発表は先日お知らせしましたが、アメリカでの発表で左ハンドルのモデルが最初の画像が紹介されていました。

ヨーロッパ方面ではタクシーとしての利用が多いというし、アメリカではセレブが乗るエコカーとしてイメージが定着しているし、もちろん日本でも超人気車種。すっかり日本を代表するグローバルカーになっていますね。
 

ただ、まだ技術的な詳細が判明しない部分がありますが、今度はどんな未来を感じさせてくれるのか楽しみな部分もあります。

ガソリンエンジンの熱効率が40%を達成したというのもかなり注目に値しますね。派手な話題ではありませんが、これは結構画期的。一気に40%ですから他社も追随せざるを得ないはず。燃費の悪いイメージが定着したら売上落ちますので。
 

 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』

ところで、もうひとつ大きな話題が新型iphoneの発表でしたが、同日になったというのは偶然なんでしょうか。何か意図的なものがあったりしたのかなと勘ぐってしまうほどのタイミングです。

いや、対象人数を考えるとむしろこちらのほうが大きな話題ですよね(笑)中国経済の失速もあり売上が落ちるのではないかという予測やスマートフォンとして目新しさに欠けるという見方もありますが、果たして?

Apple信者ということはなく、IT機器については基本雑食なのでスマホもiPhoneとAndroidを併用してます。興味はあるのですが、強度向上と新部品に原因してか6sも6sPlusも重くなっているとか。6の時は曲がり問題もありましたし、強度が上がるのは歓迎です。実際に薄さを再優先にするためにこれまでが軽く作りすぎていたということなのかも・・・。軽けりゃいいってもんでもないのはクルマと同じです。

また色々な情報が出てくるのが楽しみです。SIMロック解除が義務付けられますのでドコモので新しいPhone買って解除するのが良さそうですよね。SIMロック解除については早くから取り組んでいますので少し進んでます。機会があればまた書かせてもらいます。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。
あなたにピッタリのクルマお探しします。
 http://car-makotoya.jp

新型プリウスがお披露目

日本時間の本日13時に新型プリウスがお披露目されました。どんな感想を持つ方が多いんでしょうか?


インターネットのストリーミング配信で13時から発表されていたらしいですが、ひとつのモデルがこのような形で世界に向けて発信されるというのも少ないです。世界初のハイブリッド車として歴史を切り開いて来たプリウスならではなのかもしれません。

大きな関心事である燃費性能は事前に報道されていたようにリッター40キロでした。アクアが37キロ台ですからアクアより大きなボディにもかかわらず一つ上の性能を実現しています。旧モデルは確か34キロ台でしたから2割弱向上したことになります。

とりあえずYahooニュースのページをご紹介しておきます。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6173756
 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』
スタイリングについてですが、久々に未来を感じさせるデザインのように感じます。そういう意味では初代モデルのような雰囲気も感じます。2代目・3代目は先進的な普通のクルマという印象ですが、更に飛躍させるためにチャレンジしたという印象を持っています。


ドライビングダイナミクスを向上しているということですが、どれくらいのレベルなのか?個人的には気になっています。

年内納車を希望される場合は今すぐトヨタのお店に予約を入れないと厳しいのではないかと思います。

クルマ屋の立場からすると先代プリウスが買いやすくなるかなと思います。ハイブリッドシステムも3代目となりバッテリーの耐久性も向上していて中古でも不安要素が少ないと考えられるからです。(初代のユーザーは相当苦労されたとも聞いています。)それから、市場に出ている台数も多いので選び易いという点も見逃せません。

詳しい情報はこれから色々出てくると思いますので随時記事にしていこうと思ってます。
本日もお付き合いいただきありがとうございました。 クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。 あなたにピッタリのクルマお探しします。  http://car-makotoya.jp
ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場