本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

2015年03月

BMWのFFセダン!?

こんな話を見つけました。来年発売だろうと予想されています。

ネタ元はこちらです。

http://response.jp/article/2015/03/23/247224.html?gp=1_email_20150324


2シリーズ・アクティブツアラーというシリーズでBMWブランドのFF車が販売されています。BMW版ファミリーカーですね。


そのプラットフォームを流用するということなので、FFですね。BMWの最小セダンはこれまでFRの3シリーズでした。初代から確認していくと全長4300ミリ台が最小なので4300ミリ前後の全長ということになるのかな?


ちなみに現行のカローラアクシオが全長4360ミリです。前述のアクティブツアラーが全長4350ミリなのでほぼそんなところでしょう。


大昔、バブル時代にはBMWが「六本木カローラ」と揶揄されていたこともありました。40代以上の方なら聞いたことあると思います。確かに当時の3シリーズの大きさはまさにカローラくらい。それから20数年が経ちましたがまさかBMWがカローラ作るとは・・・(笑)


スポーツセダンの本流とも言える3シリーズはモデルチェンジごとに5~10センチ前後大きくなっている感じで現行のF30と呼ばれるモデルは全長4625ミリです。初代と比較すると30センチ程度長くなってます。一部では4シリーズじゃないの?という大型化を歓迎しない声もあると思います。


もうちょっとコンパクトで取り回しの良いサイズを望む声が多いのかもしれませんが、BMWテイストが残っていればFFという点はあまり問題がない層に向けた商品ってことになるのかな。ブランド力活かしてマニアックではない一般的なユーザー層も取り込んでシェアを広げたいという意向と捉えることができそうです。(真偽は定かではないですけど。)


まぁ、3シリーズがFF化なんて言ったらさすがにファンを失います・・・ありえないでしょう。1シリーズをFF化させず、こだわってきたFRの伝統を守るために別ラインでFFのシリーズを展開させていると信じたいです。BMWは自社の個性とファン・愛好者を大事にして味を守ってくれるはずです。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp


GT-Rではありませんでした

2週間ほど前にハコスカGT-Rが売っていたという話をブログに書いたのですが、本日再度近くに行ったためトイレ休憩がてらコンビニよ寄って確認してみましたらGT改ということが判明しました。改のGT-Rルックですね。


遠目からの撮影で未確認のまま投稿してしまいまして失礼いたしました。お詫びして訂正させていただきます。


S47年式、3Lにボアアップしてソレックス3連キャブだそうです。Zに積んでたL28とかに乗せ換えて更にボアアップなのかな。仕事の邪魔をしてもいけないので外観を見て帰ってきました。


っていうかソレックスって既にビンテージ用語ですよね!L型エンジンのチューニングって定番だったような印象持ってます。私よりもう少し上の世代の50代くらいの方がドンピシャかな?


「よろしくメカドック」という知る人ぞ知るクルマのチューニングをテーマにした名作漫画があるのですが、その中で240ZとかでL型エンジンのチューニングとかって詳しく描かれていたような気がするのですが・・。(違ったらすみません。)


余談ですが、私は「よろしくメカドック」に刺激を受けてクルマの整備士になった男を知っています。そしてその男は現役で走っているセリカXXを維持するために腐心しています。クルマは大人から子供まで楽しめるおもちゃであることが良く分かりますね(笑)


さて、GT改のハコスカは398万です。(前回389万と書きましたが訂正します。)本物のGT-Rだったらもっと高いということなんですね。愛情があって懐に余裕のある方いかがでしょう?内外装は綺麗でしたよ。アクセル踏んで吸気の時の機械音とか聞いてみたいっすねぇ(^^)


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp


新型ロードスター、予約開始

ことしは割りとスポーツカーに注目が集まりそうな気もしますが、世界に誇る小型スポーツカーであるロードスターもいよいよ発売が間近になりました。昨日から予約開始で6月頃発売予定とのことです。

http://response.jp/article/2015/03/20/247070.html


メーカーサイトはこちら
http://www.roadster.mazda.co.jp/pre/?link_id=rsBnrArea


クルマは正方形に近いほうが運転していて楽しいという説があります。自分なりの解釈ではホイールベースは短めで安定感のあるバランスの良い横幅っていうのが意のままに操れる好バランスという感じです。ゴーカートやオールドミニなんてまさにそんな感じです。ポルシェなんかもその方向性ではないかと思います。


かなりスポーツカー寄りの話にはなってしまいますが、例えば現行のフェアレディZは先代よりコンパクトになっていますが、スポーツカーとしての質を高めようとしたのであれば間違いなく正常進化なわけでして、今回のロードスターも目指す姿を追求していったらコンパクトにすることが正解だったのではないかと推察してしまいます。


基本的に万人が乗りこなせるスペックなので物足りなさを感じるクルマ好きも多いかもしれませんが、色々なクルマに乗っていくと逆にこれで十分だよねという気持ちになるのも事実。


スーパーではないけどしっかりスポーツしてて日常が楽しくなるクルマ。自分自身に置き換えて、コンパクトな2シーターのクルマ一台では事が足りないので選択肢になりませんが、許されるなら乗ってみたいものです。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp

サッカー新代表発表、遠藤選手落選

アフリカの中では安全と考えられていたチュニジアでまた日本人の方が犠牲になるテロが発生してしまいました。本当に悲しいです。謹んでご冥福をお祈りします。

こういったブログであまり政治的な発言は適切ではありませんが、せめて有事の際は邦人の人命救助に出向ける法制、体制にしてもらいたいと願っています。戦争なんて望みませんが、命より重いものはありませんから。


さて、本日はハリルホジッチ監督の下での代表メンバーが発表されました。新監督就任のタイミングで落選となってしまいましたね。なんかすごく残念です。


世界記録に少しでも近づくくらい出て欲しいなと思ってました。先般のアジア大会ではコンディションもあまり良くなくて疲労していたとの見方もあったように思いますが、コンディションが整えばまだまだと期待していたんです。


カズ選手、井原選手、中澤選手・・自分の印象に残っていて出場試合数が上位の選手というとこんな感じなのですが、それらの選手をはるかに上回る150試合超の出場は日本サッカーの宝とも言うべき選手です。


もちろん、再選される可能性もありますが、どんなスポーツでも世代交代は必ず来ますし、監督が代われば一流選手でもフィットしないことは多々あります。会見では遠藤選手に対する敬意も表して労うことも忘れなかったようなので少し安心しました。今回は新しい監督が将来を見据えて新しい力を選考したものと信じたいです。


遠藤選手、怪我をせず引き続きクラブチームでの活躍を祈ります。そして、代表が困ったときはまた助けてください。


ハリル監督は熟考して割りと玄人受けするタイプなのかなと見ているのですが、どんな戦いを見せてくれるのかな?


聞くところによると、母国の紛争で全てを失っても不屈の精神で数々の実績を残されてきた方のようですので精神的に更に強くなった日本代表を作り上げてもらいたいと勝手な期待を持っています。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp

アルト ターボRS かなりの出来のような気がします。

普通の軽の派生モデルで走りに特化したクルマってすごく久しぶりのような気がします。新鮮なのは確かです。


alto_turbo(Z7T)



さて、これがどのような受け入れられ方するんでしょうか。4人乗れる実用性を兼ね備えた少しエコなスポーティーカーってことになるのかな!?とりあえずインプレッション記事です。

http://response.jp/article/2015/03/18/246905.html


そして、スズキのHPです。

http://www.suzuki.co.jp/car/alto_turbo_rs/


ササッとチェックしたのですが、ストラットタワーバーも標準なんですよ。それからタコメーター、15インチアルミホイール、スタビライザー(F/R)、本革巻きステアリング・・・走りには欠かせないアイテムが標準装備。もちろんパドルシフトも。恐らくエンジン性能に対してシャシーの余裕がある状態のように推察され、本気であることは間違いないように思います。ここは信用してもいいよな気がします。


そして、専用シートでシートリフター(上下調節)、チルトステアまで!ドライビングテクニックの向上に正しいシートポジションと運転姿勢は不可欠です。シートは人が固定されるところではなく、いかに様々な操作を円滑に行えて正しい位置で視野を確保できるかが重要です。正しいポジションに近づくために各種調整機能はとても大事ですのでこの気遣いは素晴らしいと思います。


気になるところと言えばブレーキの制動性能ですね。速くなったらブレーキも強化するのが鉄則ですから、大径化や専用パッドといったものは施されているのかですね。


フルオートエアコン、イモビライザー、プッシュスタートといった快適な装備もしっかり押さえられていますね。あとはナビorオーディオ、4スピーカー化して140万以下でフル装備にできますね。


うーん、これはコストパフォーマンスも高そうです。スズキだとスイフトスポーツが密かに乗ってみたいクルマですが、スズキなかなかやりますね。


あとはドライバー次第ですね。性能も高いと思いますけど、所詮軽。調子に乗ってすっ飛ばしてやらかすことのないように自分のスキルに合わせてマージンを確保しつつ乗って欲しいですね。アクセル踏んで速く走れるのはクルマの性能であってドライバーの能力ではないですからね。経験値の少ない方ほど気をつけて欲しいです。



この手のクルマの記事はほんとに楽に書けます。本音です(笑)

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp


ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場