本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

2014年11月

突然フォロワーが倍増!

いつもご覧いただきありがとうございます。


今日は寒いですね。すっかり冬のようです。体が冷えると体調崩しやすくなりますのでお気をつけください。


ホームページの立ち上げを手伝ってもらった友人からのアドバイスもありTwitter活用をやってみたのが10月上旬でした。ネットでの集客にはともかく認知してもらわないとどうしようもないので無料で使えるものはどんどん活用したほうが良いという感じです。


興味があったらフォローして、フォローしてもらった方をリフォローする形で少しずつ増えていて昨日の昼頃は確か290件だったんです。友人からもとりあえず300件が最初の目標と言われていたのであと10件で一区切りと思いながら何人かの方をフォローさせてもらったら突然倍増して約600件です。


数字に一喜一憂しても仕方ないとは思いながらもこの加速度にはちょっと驚いています。増えるときは一気に増えるんですね。友人からはティッシュ配りのつもりでやったほうが良いと言われていたのですが納得できました。


なんででしょう!?原因はよく分りません・・・。フォローしてもらった理由は色々だと思いますが、内容的にリフォローをちょっと控えたいケースやbot系のものもあって全部リフォローしてないのでいくらかは減っていくのだと思います。でも、どんな形であれ知ってもらったことには感謝しなくてはいけません。


とはいいながらも次の一区切りは4桁・1000件ですかね。どれくらいで到達するのかまったく予想できません。気長に考えていこうと思います。ブログの内容も色々考えないと・・・。


ちなみにアカウントはこちらになります。
https://twitter.com/car_makotoya


本日もお付き合いをいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp

MIRAIのインプレッション

いつもご覧いただきありがとうございます。


先日ご紹介したMIRAIのインプレッション記事が出てました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141124-00000005-pseven-bus_all


ユーザーとしては燃費・エコ・先進性というものを期待すると思うのですが、ほとんどのユーザーはガソリン・軽油を燃料とする内燃機関エンジンのクルマからの乗り換えになります。つまり、燃料に関する部分以外は既存のクルマの延長線上であることが求められるはずです。そのあたりは奇をてらわず仕上げてますよね。Webで情報を見ている限りはそんなことを感じてましたが、この執筆者の方も同じようなことをリポートされているようです。


記事にもあったキーワードの低重心について。これはクルマの安定性や操縦性にとってとても重要な要素です。例えば、ホンダ・ステップワゴンと日産・セレナの過去のモデルを比べると前者のほうが数センチ低重心に作ってあることで運転の楽しさ、若干のスポーティーさを演出できています。ホンダの低重心ミニバンという言葉はキャッチコピーにも使用されていたのではないでしょうか。背の高いクルマの横揺れ(ロール)を低減できることでタイヤの接地性が向上し走行性能は確実に向上するはずです。


VWやホンダが量産・市販まで到達していないことを考えるとトヨタが市販を実現した意義は大きいように思います。東京オリンピックではエコをアピールする目的で多くのFCVが使用されたりするのでしょうか。その大義名分があるとインフラ整備は進んでいくのかも知れません。そう考えるといち早く軌道に乗せたいという政策との絡みもあるのかもしれないですね。


あくまで個人的な思いつきで書いたので実際は不明です・・・。


本日もお付き合いをいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp


オーリスは値頃感があって良い

いつもご覧いただきありがとうございます。


日本で売れている車は軽、ミニバン、ハイブリッドというのが現状です。最近SUVも一定の人気がありますが、半分程度はハイブリッドではないかと思います。


当然中古市場で同じような傾向で売れているように予想されますが、相場は人気投票ということを勘案すると意外と高値で売られてたりします。中古車の場合、安いのには理由があることがほとんどですのでよい物を選ぼうとすると相応の価格になります。


人気車種からは外れてちょっと通好みの選択かもしれませんが、実用性にも優れていて程よい大きさで値頃感もある車種でありながら安心のトヨタ車であるオーリスは良い選択だなと思っています。

初代と現行モデルはこんな感じです。

auris旧


auris

大きさとしてはVWゴルフと同じクラスで、プリウスよりは小さく、ベーシックなガソリン車です。初代で修復歴のない7万キロ以下の相場データを見てみたら50万近辺でも買える可能性があります。(色でも値段が変わるので60~100万の範囲で見ると良さそうです。)


コンパクトカーよりちょっと大き目のハッチバック(欧州のBセグメント)ではVWゴルフが有名で、輸入車の特性をご理解いただける方にはお奨めできるのですが、やっぱり国産が安心という方にはこちらがお奨めと考えています。なお、数は少ないですがMTもあることを付け加えておきます。


オーリスくらいのサイズになりますと、大人4人、家族4人で割と快適に乗車できて荷物も積めて、大きすぎず小さすぎないサイズなので慣れれば運転操作も問題ないと考えています。


1500ccと1800ccがあります。台数としては1500ccのほうが流通していますが、長距離、高速走行を考えると少し余裕が見込める1800ccのほうが良いと思います。税金が年間5,000円高いのと多少燃費性能は落ちる点は否めませんが、運転の疲労度は少なくて済む等のメリットもあるので妥当なコストだと考えています。


ちなみに、初代と同じボディに2.4Lと3.5Lのエンジンを積んだ高級路線のブレイドという車種があるのですが、バランス的にフロントが重すぎやしないかと懸念してしまいます。真っ直ぐ走る分には問題ないのですがバランスが良いとは思えないのでオーリスをお奨めしたいです。


VWゴルフを中心に欧州ではBセグメントは激戦区なのでそんなに下手なクルマは作ってないはずです。いかがでしょうか?オーソドックスな車種ではあると思いますが、中古車としては魅力的です。


本日もお付き合いをいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
各種ご相談承ります。
http://car-makotoya.jp


中古車は元新車

いつもご覧いただきありがとうございます。


大雑把に申しますと日本で販売されている国産新車(登録車について)の半分程度がトヨタ車です。商品力、品質、信頼性、販売力等々理由は色々な要素があると思いますが、中古車は新車が供給源ですから中古市場も似たような比率になるはずです。(ちなみに、軽はスズキ、ダイハツが2強で最近ホンダが伸ばしています。)


壊れ難く信頼性が高いと評価される日本車の中でもトヨタ車の信頼性、耐久性は確かに頭一つは抜けている印象がありますが、海外でも基本的に同様の評価です。中古車が流通する業者オークションは海外のバイヤーも多く参加していますので国内外の需要を反映して相対的にトヨタ車の価格が高くなってしまいます。


中古車市場に目を移すと、例えばフィットとアクア(もしくはヴィッツ)、ノア・ヴォクシーとセレナ、クラウンとフーガのように同クラスの車種でトヨタと他社で中古車価格を比べるとトヨタ車のほうが高いことが多いと思います。ちなみに、新車リースの残存価格も相対的にトヨタ車が高めです。(逆に日産、マツダは低めのことが多いです。)


それにしても、すごい比率ですよね。リーマンショック以降さらに燃費重視・エコ優先でハイブリッドが浸透してまたトヨタが強くなった感があります。トヨタ車を買ったことがない僕はやはり少数目マニアック科といったところでしょうか・・・。


もちろん、市場に出たクルマの数が多いということは選択肢も豊富ということなので気に入ったクルマがトヨタ車の場合にあえて他社にすることはありませんが、「メーカーは別にこだわらない」、「価格重視」という方はトヨタを外すとお得な買い物が出来る可能性大です。


本日もお付き合いをいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
各種ご相談承ります。
http://car-makotoya.jp


決してマツダの回し者ではありません!モデルチェンジ情報。

いつもご覧いただきありがとうございます。


2日続けてマツダの記事になってしまいましたが、決してマツダの回し者ではありませんのであしからず・・・。


知名度は低いかもしれないけど結構いいクルマを真面目に作ってるし好感持てるという気持ちは昔からあったのですが(RX-7他のスポーツカーは別物として)、最近のマツダは自分たちのモノ作りに徹していて軸がぶれない印象を持っています。そのせいかすごく注目してしまうんですよね。


なんか現場の雰囲気良さそうというか、お客さんのほう向いているというかそんな気がするんですよね。ちょっと過大評価なのかもしれないですけど・・・。欧州メーカーに学んでいる感もすごくします。あくまで個人的意見なのですが、大衆クラスのBMWっぽさを感じています。


アテンザがモデルチェンジ
http://www.webcg.net/articles/-/31655


販売テコ入れ、小手先マイナーチェンジではないんですよね。熟成が進み、商品価値が向上してますよね。うーん、一方で最初からやってよというご意見も出て来そうな気もしますが、値段は少し上がっていてもアップ分の価値はありそうです。前にも書きましたけど、アテンザのスタイリングは国産車っぽくない存在感があってすごくいいです。FFの大型セダンなので広さは十分でしょうから取り回しに問題がなければ前期モデルの中古も含めてお奨めです。(大きなクルマはこだわるとFRのほうがいいんですが、ゆったりした乗り方ならFFでも問題ないと思います。)


デミオセダン
http://autoc-one.jp/news/1976278/photo/0007.html


それからおまけ程度ですが、海外ではデミオセダンが発表になったそうです。このクラスのセダンの需要は少ないと思われますので販売はされないようです。アクセラありますし、ハッチバックでいいですよね。寸詰まりであんまり良くない気も・・・。まぁ、あくまで好みです。


本日もお付き合いをいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
各種ご相談承ります。
http://car-makotoya.jp


ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場