今月も新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位  アクア
第2位 シエンタ
第3位  フィット
第4位  カローラ
第5位  ヴォクシー
第6位    プリウス
第7位  ノート
第8位  ヴィッツ
第9位  ヴェゼル
第10位  クラウン

プリウスは年末にはフルモデルチェンジを控えていますので売れ行きも落ちてきましたね。しかし、アクアとシエンタで鉄壁のワン・ツーといった感じです。1年ほどこの記事書いてますが、クラウンが10位までに入ってきた記憶はありません。マイナーチェンジによって一時的に販売が伸びているものだと思います。ちなみにモデルチェンジした新型ソリオですが16位に入って約4000台を販売しています。堅調なスタートである印象です。 


■軽自動車
第1位  N-BOX
第2位  タント

第3位  デイズ
第4位  キャスト
第5位  ハスラー
第6位  アルト

第7位  ワゴンR

第8位  ムーヴ
第9位  スペーシア

第10位  ミラ

こちらはN-BOX強しの状況が続いています。そして次がタントという順番は変わらず。キャスト(アクティバ)という競合車種が出てきたせいでしょうか、ハスラーの販売台数が増えて5位に上昇してきました。そしてキャストですが、こんなに上位に来るとは思っていませんでした。色々な見方は出来るでしょうが、ミラ(イース)やムーヴを購入していたユーザー層がこちらに移行しているのかもしれません。


軽自動車の売れ筋が130万以上の中〜高価格帯になっているんでしょう。アルト、ミラといったベーシックで軽くて燃費が良いタイプの販売台数は以前より減少し、ムーヴ、ワゴンRといった一昔前からある標準的な軽ワゴンタイプの競争力は落ちているようです。背が高くて室内が広いタイプか個性が明確な車種が上位に来ています。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp