東京モーターショーが開催されています。様々なクルマが出品されていますが、独断と偏見でマツダのRX-VISIONを紹介しておきます。

参照記事はこちらです↓
http://response.jp/article/2015/10/28/262965.html

メーカーHPはこちらです↓
http://www2.mazda.co.jp/motorshow/2015/display/rx-vision/

最近のマツダは世界的にもデザインの評価が高いですが、これも注目されているのではないでしょうか?

記載されているようにロータリースポーツコンセプトということで基本的にはコンセプトカーです。このクルマが即市販されるかというとそれはNOということらしいです。

しかし、未来的過ぎるコンセプトカーではなく、限りなく市販車ベースに近いのかもしれません。ファンとしては次期RX-7がこれではないかという期待を持ってしまうわけですが、RX−7にしろRX-8にしろ歴代のものは一応4人乗りでした。その点が少なくとも違っています。

ロータリーエンジンのメリットはコンパクトなエンジンなのでエンジン搭載位置を奥に(室内の方向に)そして、低く搭載出来ることにより、重心位置をよりクルマの中心に近づけて低重心化できることです。(ポルシェやスバルの水平対向エンジンも狙いはその点ですが、ロータリーのほうが更にコンパクトです。)

そうすると、エンジンルーム・ボンネットの位置が低くなります。低重心化されてクルマの運動性能が向上しますのでスポーツカーには打って付けです。そしてデザインの自由度が上がり独特の美しく速さを予感させるスタイリングも可能にします。
 
自動車メーカーにおいて台数を稼げない(利益を得にくい)スポーツカーは簡単に言うと「道楽・趣味・遊び」の要素が強いんだと思います。業績が悪くなると真っ先に開発中止になるのはこういったクルマです。

まぁ、マツダは現在業績好調ですし、次期スポーツカーの開発に関して暗黙の同意が欲しいのかもしれません。「こんなに素晴らしいものが出来るのですからやらせてください」というメッセージなのかなという気もしています。
 

それにしても他に類を見ない素晴らしくて美しいデザインですね。自分たちがロータリーエンジンの開発を辞めたらロータリーエンジンの歴史は終わってしまう。そんな思いを胸に絶対絶やさないという信念を持っている点が素晴らしいんです。

頑固言えば頑固、こだわりすぎと言えばこだわりすぎ。それも確かだと思いますが、国内にこんなメーカーがひとつあってもいいですよね。とにかく応援したい気持ちになります。頑張れマツダ!

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp