Twitterではお知らせしていたんですが、MAZDAが世界に誇るロータリーエンジンが復活するらしいです。2年後くらいに!!

http://autoc-one.jp/mazda/special-2398688/

SKYACTIVEテクノロジーを活用して燃費も向上させて+0.3Lで1.6Lの2ローターになる見込みらしいです。ロータリーエンジンの1.5倍換算がレシプロエンジン(要は普通のエンジンです)の排気量となりますので次期エンジンは2.4L前後の排気量になります。ちょっと大人向けのスポーツカーという位置付けになるかもしれません。

やっぱり最初に乗ったクルマがRX-7(FC)でしたし、あのモーターのようにスムーズでどこまでも回っていってしまいそうなエンジンフィールは他では味わえません。今でも次のクルマとしてRX-8を考えることはあるのですが、燃費面と実用性の面でなかなか難しいというのが現実です。

燃費の問題(ガソリンを沢山噴射しないと燃焼しない特性)と低速トルクの細さ(要は高回転型のエンジンです)から決して扱いやすいとはいいませんが、技術の進化で実燃費で10キロに近くなってくると現実的な選択肢になり得るのですがどんなものでしょうか・・。

現在トヨタとマツダは提携関係にありますが、トヨタもこのロータリーのノウハウが欲しかったという説もありますが、いくつかあるうちのひとつの要素ではあるのかもしれませんね。

今年ではなく次回のモータショーではお披露目になるそうですが、こんな記事が出てくるということはだいぶ目処が立っている感じではないでしょうか。ロータリーエンジン50周年という区切りもあって間違いない気もします。

RX−8は純粋なスポーツカーというよりスペシャリティ・クーペという性格が強いのでRX-7の再登場を望む声は多いです。

マツダが色々小出しにしてくるかもしれないので都度都度記事にしていきたいと思います。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp