他の記事を色々書いていたら書くのが遅れてしまいましたが、9月9日にダイハツから新しい軽のキャストが発売されました。基本デザインが同じ中で内外装や足回りを変更して性格の違うクルマを発売している形になっています。


価格帯はタントとほぼ同じですので、最近の売れ筋軽自動車とほぼ同様ということになります。ですから特別高級路線という感じでもありません。

とりあえず、キャスト アクティバです。
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_activa/index.htm

ハスラーの対向車種ってことになるでしょうか?


続いて、キャスト スタイルです。
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast_style/index.htm

一時ほどは売れてなくてむしろ不人気扱いを受けそうなN-ONEあたりが対抗車種?

それから追って キャスト スポーツというのも出るそうです。こちらはアルトワークスが対抗車種でしょう。

CMを見ても明らかに若い世代の人をターゲットとしていますよね。クルマ離れが言われる中で少しでもクルマのある生活に興味を持ってもらいたい。若い人が好みそうでライフスタルに合わせて選べるクルマご用意しました的な感じですね。ダイハツさんらしいかもしれませんが、仕事は別として軽自動車に乗るつもりがないおじさん世代の自分には正直興味が湧きません(笑)が、若い世代の人向けのきっかけとして期待したいと思います。

 『クルマ探しはこちらから→ www.car-makotoya.jp』

デザインコンセプトはMiniや昔あったミラジーノ的な感じですかね?形状からしてベースはムーヴかなと思います。 安全装備なども基本同じでしょう。

ダイハツとして受け皿になれていないユーザー層があるから開発したのだと予想はしますが、そもそも若い世代のクルマ購入欲は低いですよね。これくらいで刺激できるのかどうか正直分かりません。もちろん若い世代でなくとも人と同じのが嫌だという向きのユーザー、ダイハツファンには良いかもしれません。

個人的に思うのは「ウェイクより売れるかどうか?」がひとつの判断基準かなと思います。月販4000台くらいだったと思うんですが、TOP10のすぐ後の順位です。一車種毎だとウェイクより販売台数は少ないとしても統計上はキャストシリーズで集計されるのでTOP10に入ってくる可能性もあると予想しています。とりあえずユーザーの反応を注目してみたいと思います。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


オーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp