先日、移動のためにクラウンマジェスタの後部座席に乗せていただくことがあったのですが、マジェスタの後席の乗り心地ってこんなものなのかという気持ちになってしまいました。


好み、体型、体格によって感じ方は違うので批判ではなく個人的な感想なわけですが、なんというかタクシーのクラウンコンフォートの乗り味を重くしただけ?という感想を持ったんです。


一世代か二世代前のモデルなので経年劣化(要はへタリ)という側面もあるだろうし、現行モデルはまた違うと思います。高級車って腐っても鯛というところがあるものですが、最初から大した鯛ではなかったと言ったらちょっと言い過ぎかな・・・(汗)


同じクラウンシリーズなので似てて当然という見方もできますが、マジェスタは役員クラスを後席に乗せるクルマですよね。トヨタブランドのフラッグシップともいうべき車種ですが、シートの硬さとサスペンションを中心にした乗り味が合ってないというか、高級感に欠ける気がするんです。


室内装飾は確かにコスト掛かっているし、重厚感もありますので決して悪い気分ではありません。日本人(おそらく60代以上)の好みを反映している気もしますし、上にはレクサスがありますからクラウンとの間を埋めればOKとい程度なのかもしれないですが、ドライバーズカーではないはずのマジェスタの乗り心地はもっと煮詰められていてもいいと思うんですけどね。


ちなみに中古車相場的には標準のクラウンのほうが人気です。これは自分で運転して移動する社長とかも乗るクルマですが、マジェスタは排気量が大きく自動車税も高くなるし、持て余しかねない大きさです。あと中古で買う需要が少ないんでしょう。


中古車に限らず相場というのは基本的に人気投票ですのでクラウンを中古で欲しいと思う人はいてもマジェスタを欲しいと思う人が少なければ新車価格とは逆転することもあるわけです。


でも。安いクルマ=悪いクルマとも限りませんので考え方を変えるとお得な買い物ができるかもしれないという面白さがあるのですが、エコなことが求められるご時世ですから値落ちが大きくてもマジェスタを敢えて選ぶという方は少ないかもしれませんね。


自分も別車種で乗ったことありますが、マジェスタにも搭載されていたV8型のエンジンって一般道を中心い普通に走っている分には必要ないです。(高速行くと余裕が違うし、一つの快楽ではあるのですが・・)


ちなみに現行マジェスタはひとつコンパクトになってV6ハイブリッド専用車になってますが、クルマの価値を気筒数や排気量で判断することは昔ほど価値がありません。現在は高級セダンでも4気筒エンジン搭載する時代になっています。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。
あなたにピッタリのクルマお探しします。

http://car-makotoya.jp