この話を聞いてYESなのかNOなのか全く答えが見えませんでした。モータースポーツの振興にどれくらいの好影響があるのか見当が付かないんです。ということでちょっと整理しながら考えてみました。


先日行われたルマン24時間耐久レース、有名なところではF1モナコグランプリ他公道を使用するレースはいくつか開催されています。レース用に設計されていない道を走るので道幅が狭いことによりオーバーテイクポイントが限られたりしてレースの難易度は上がります。


スリリングな展開も期待できるし、F1レーサーにとってもモナコGPに優勝することはとても意味があり価値があることだと聞いたような気がします。競馬の騎手がダービーだけはG1の中でも別格と考えるのと似たようなものかな?


また、難易度の高い(マシンへの負担が大きい)レースはマシンレベルや技術を向上させるし、長い目で見ると良い影響も考えられるかもしれません。


大体サーキットやゴルフ場は不便な場所にあるものですから、行くのも大変です。本当に好きな人にとっては苦にならないから問題ないと思うのですが、都心や都心近郊のアクセスの良いところで開催すれば、近いから一度見てみようという浮動層も含めて動員数は増えそうです。端的に言えば様々な経済効果も期待できそうです。


モータースポーツ人気復活の起爆剤になるという意見もあるのでしょうが、実際どうなるかは別にしても人の注目が再度集まることで変化は期待できることになります。


マラソン、自転車レースは公道を使ってますが、これまでクルマのレースが出来なかったのは高速かつ重量が思いものが走るため危険、安全性に問題があるから警察の許可が出ないということのようです。ラリーは既に公道を使っていると思いますがかなり奥地だから別物なのかな?


もちろん、開催地周辺は交通規制や騒音(クルマ好きにとっては心地よいエグゾーストノートなど)、治安の悪化が発生し一時的にはある意味迷惑な状態が生じます。まぁ、オリンピックも同じような側面がありますが、クルマのレースは爆音が出ますからそこは特殊要素です。開催までの決定プロセスと周辺住民の方とのコンセンサスが重要な気もします。


仮に法案が可決したとすると1年~2年位には公道レースが実現されるかな?すごく端折りますが、安全性が確保できるのならどちらかというとプラス効果が期待できそうな感じがします。


書き始めは意味無いんじゃないかな?何を今更って気がしていたのですが、整理して書いているうちに概ね賛成ポジションになってしまいました(笑) もちろん安全な運営が出来ることは必須条件となりますが。


もしかしたら東京グランプリなんて開催されるかもしれませんね。すごく夢があるような気がしてきました。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きが練馬でクルマ屋やってます。
あなたにピッタリのクルマお探しします。

http://car-makotoya.jp