今月も新車販売ランキングを簡単にお伝えします。
データについては公的に発表されているものを閲覧しています。
それぞれ上位5台は次のようになっています。

■普通車(登録車)
第1位  アクア
第2位  カローラ
第3位  プリウス
第4位  フィット
第5位  エスクァイア

3位まではいつもの顔ぶれなのですが、フィットの販売台数が先月も低空のまま、前年同月比59%と極端に落ちています。アクアと首位を争ったり時には逆転することさえあるフィットが売れてません。アクアの半分強の販売台数になっています。アクアの値引き条件が良くなったり、リコール多発のマイナスイメージが尾を引いているのかもしれないです。そして意外なのがカローラ。販売条件の良化があるのかもしれません。


6~10位はノート、デミオ、ステップワゴン、ヴェゼル、ヴィッツなっています。ヴォクシー、ノアという人気ミニバンがトップ10から外れました。ステップワゴンが新型になったことと、エスクァイアに顧客を取られてる(好条件出している?)ように推察されます。まぁ姉妹車ですし、トヨタ本体としては総数が変わらなければいいはずです。ほんと商売上手いです。


その他ではCX-3、新型シャトルは20位以内に入り3000台前後売れているので堅調。そして新型ロードスターが2157台で24位に入っています。先行予約をしていたので一気に集計されたのでしょうか?来月以降はどうなるか注目しています。


■軽自動車
1位 N-BOX
2位 デイズ
3位 タント
4位  スペーシア
5位 アルト


6~10位はワゴンR、ムーヴ、ハスラー、ミラ、N-WGNです。まぁ、上位10台は月によって結構変動するというのが最近の傾向ですが、N-WGNが確実に順位を下げている印象があります。

数年前は軽の販売台数NO.1がワゴンRが定番だったですが、売れ筋は背が高くて室内空間が広いタイプに完全に切り替わっていることが分ります。(ちなみにデイズは標準のデイズとデイズルークスの合計なので混ざっています。)


11位はウェイクなのですが、ほぼTOP10の直後の順位です。この車種は価格帯が少し高めですし、タントのレベル以上の広さ(高さ)を求める方は限られているのだと思います。ユニークなCMでインパクトがありますが、高いのに毎月3000台前後堅調に売れているということは「バカ広い」軽に対するニーズが強いことが伺えます。


そして注目のS660(エスロクロクマル)は5月は807台。4月は1411台だったので6割弱。生産台数が限られているので(増強して1日48台とか)5月GWもあっては供給が少なかったことが影響しているように思います。人気は高いようなので来月以降は1000~1500台ほどの販売台数になってくることが予想されますが、それがどこまで持続するか見ていきたいと思います。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp