まずはこちらが記事になります。
http://response.jp/article/2015/05/18/251447.html?gp=1_email_20150518


ちなみにこちらは公式Facebookページです。
https://www.facebook.com/copen.jp.official


普段は旬なネタを中心に書いてはいるのですが、初めてブログをご覧頂く方を中心に過去の記事が検索に引っ掛かって閲覧いただいているケースがすごく多いんです。


そんな中で常に人気上位に来る記事が「旧型コペン」の記事なのですが、昨年の復活に刺激されてか興味を持っている方が多いことが伺えます。


新しく発売された現行コペンは旧型のファニーで可愛らしくて愛嬌溢れる雰囲気とは異なりスポーツカー然としています。初代コペンのデザインに魅力を感じていて期待していた方からするとちょっと厳つくて好きじゃない方が割と多いのではないでしょうか。


さて、これが当初計画なのか売上げが伸び悩んでいるのでテコ入れなのかは分かりませんが、ある意味コペンらしいフロントフェイスが選択できるのは朗報ですね。


もともとパネルの着せ替えが出来るというコンセプトが含まれているのでそういう意味では見た目のカスタムは想定内なはず。毎月新車販売台数をお知らせしていますが、コペンは発売当初こそ1,000台を超えていた記憶があります。ここ数ヶ月は3桁とやや失速気味ですがこれで少し販売台数が上向くような気がするのですが果たして?来月以降の販売台数がどうなるのか注目して見てみようと思います。


コペンはライフスタイルやクルマと共に過ごす楽しさといったソフトの部分も合わせて発信している点が特徴でもあります。あまり混雑していなくて空気がきれいな田舎道をオープントップでのんびり走っていられるなんて間違いなく楽しいですよね。クルマ好きでなくてもこの爽快感は分かってもらえるはずです。(だって、サンルーフ開けて走っているだけでも爽快だったりします。それが全開ですので!)


自分のような大男にはちょっとキツイクルマなので現実的な車種ではありませんが、こういった形で明確で具体的なコンセプトやテーマ、価値観等を表現しているコペンの手法はすごくいいですよね。なんか好きです。詳細がわかりましたらまた書きます。


第4弾でなんか面白いものが出てくる可能性も大ですね。このクルマのコンセプトのひとつは「遊び」でしょうからもっと楽しめる工夫が発表されるのかもしれません。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。

お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp