昨日に引き続いてAppleネタです。


iPhoneのOSを早速最新にしたらApple Watch用のアプリがあるのを発見。来月24日に発売が開始されます。スマホの子機ではなく電子デバイス的な時計(要はスマートウォッチ)をApple流に作ったみたいです。一番高いモデルは18K素材で200万超。パテックフィリップとかと変わらない雲上品です。


中身は機械式ムーブメントではなく電子デバイス。機械式高級時計と同じでケースやバンドを作るのに材料費と手作業分の人件費が膨大に掛かるという点は変わらないということのようです。


時計として見た場合、毎日充電が必要というのはちょっと違和感あります。まぁ、スマホはそんな感じだしセットで充電すればいいんでしょ?という見方も出来ます。でも、ソフトウェアのサポートってどうなるんでしょうね。使っているiPhoneを新しく買い換えた場合、旧いWatchでは動きませんとなったり、数年したらサポート終了とか言われるのも困ります。


女性の場合、スマホはバッグに入れたままという方も多いと思いますので腕時計に状況を知らせてもらえるのはいいかもしれないですね。でも、腕時計好きの方は女性にも居ますからそういう方は好きな時計を外してまでApple Watchはしない気もします。


便利だと思いますが、時計好きな男である自分の場合は、唯一のアクセサリーという感じです。デザインや造りが気に入っている腕時計をスマートウォッチに替えてしまうことに抵抗がありますね。


G-SHOCKは確かスマホと連携できました。最近知ったのはmartian watchesという会社のものですが、3万円程度で腕時計で通話が出来たり、メールやLINEの通知を受けることが出来るそうです。見た感じはカジュアルなファッションウォッチですので多機能な腕時計なんだと思います。。これからはスマホ連携機能搭載の腕時計がどんどん増えてくるのかな。


AppleWatchは要するに超小型のコンピューターなので、時計メーカーの「多機能な腕時計」と違って出来ることが多いのでスマートウォッチとして同じ土俵で考えてしまうのはかえって混乱するかもしれないですね。落とし所としては両者とも腕に着ける時計ではあるのですが、必要な機能が合致して価格やデザインが納得できるものを吟味するのが良さそうです。


個人的な希望としては既存の腕時計の付属物として追加できる形になるといいですね(笑)


昔、保険のおばちゃんが配ってたバンドに着ける薄い金属のカレンダーありましたよね。あのコンセプトでもっとデザイン面を工夫したものとか、時計メーカーの純正オプションとか出来たり、小型化が進んでバンドのコマを交換してデバイス着けられるとか出来ないですかね。そしたら、既存の腕時計を捨てずにウェアラブル端末の便利さが手に入ります。


勝手な妄想ですが・・・。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp