新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。


毎月1日はマニアックデイと決めてまして、正月なのでパスとも考えたのですが、待望の新型がまもなく発表される日本が誇るスーパースポーツカーNSXについて少し書いてみたいと思います。F1にも復帰しますし、ホンダもやっとミニバンメーカーから覚醒する時が来たようです。


nsx_yellow

デビューは1990年。ということは開発はいわゆるバブル期に行われていたことになります。日本車にも名車といわれるクルマはありますが、これは最上位のひとつであることは間違いありません。絶対的なパワーで言えばフェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニといった高級スポーツカーには敵わないのですが、コーナーで差を詰めるタイプのクルマです。


クルマの潜在能力を引き出すのはドライバーの仕事、腕がなければ乗る意味がないくらいに思ってます。まさに切れ味で勝負する日本刀といった感じでしょうか。


自分にとってはGT選手権、ルマン24時間で走っている姿が印象に残っていて、一時期楽しみの一つになっていた「ベストモータリング」というDVD(ビデオ)雑誌でスーパーコーナリングマシンとしてのポテンシャルを目の当たりにしていました。


あー、乗ってみたいですね。その一言に尽きます。TYPE-S ZEROあたりがいいかな。いやベースグレードでもなんでもいいです。もちろんMTです。オークション見てみたら月に数台程度しか出品されてません。そんな状況なんですね。一度くらい仕事でも扱ってみたいですが、妄想になる確率80%くらいかな(笑)
 


new nsx

そして、1月12日新たな伝説が始まります。デトロイトモーターショーで発表だそうです。V6ツインターボ+3モーターのハイブリッドのスーパースポーツ誕生です。



HPはこちらになります。
http://www.honda.co.jp/NSX/

アーカイブページもあるようです。
http://www.honda.co.jp/pressroom/products/auto/nsx/nsx_1990-09-13/


情報サイトにも色々まとまっています。
http://response.jp/article/2014/12/29/240636.html?gp=1_email_20141230


本日もお付き合いをいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp