本年最後のブログ更新となりました。ご覧いただいた皆様誠にありがとうございました。これまでブログを書いたりしたことがなくて正直なところ今でも手探りな部分もあるのですが、あまり小難しくならないように気を付けつつ内容を面白く充実させることを考えながら来年も続けていきたいと思っております。引き続きよろしくお願い致します。

さて、本年最後は初めてクルマを買うケースのSUV編です。

ハリアー、ヴェゼル、CX-5、エクストレイル、ジューク、ランクル系、フォレスター、パジェロ他、輸入車ならBMW Xシリーズ、メルセデス Mクラス、G系クラス、VW トゥアレグ、AUDI Qシリーズなどが対象になります。軽だとハスラー、ジムニー、パジェロミニあたりでしょうか。整理してみると非常に選択肢が多いことに気づかされます。オーソドックスな車種ではつまらないと感じるユーザーの受け皿になっているのかなと思います。

そもそもSUVって何の略?それはスポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicle)のことです。スポーツ向多目的車と訳すことができます。昔はRV車という呼び方もされたましたね。まぁ、理屈はともかくとして、若い世代~熟年層までどの世代の人が乗っても違和感ないですよね。その点はすごく良いと思います。



諸説あると思いますが、基本的にはどの自動車メーカーも市場として当てにしている北米市場で好まれる形です。そのため、日本ではちょっと取り回し難いサイズの車種も多いので利用環境、運転スキル、用途に応じての選択が必要です。


がさが大きいクルマが多いですが、構造上の理由で視点(アイポイント)が高いので車高の低いクルマより周囲を見渡し易いというメリットがあるのも確かなので意外とバランスは取れているのかもしれませんが、横幅は大型セダン並み~それ以上になりますので注意が必要かと思います。タワーパーキング、立体駐車場がNGになるサイズが多いので都心での利用が多い方はご利用状況の再確認をお勧めします。


SUVってやっぱり見た目のカッコよさ・存在感って大事な要素です。今ではクロスオーバーSUVがほとんどでオフロード専用というのは少なくなっていますが、雪道・悪路での利用をどの程度必要とするかというのは車種選択で重要なポイントです。実際、街乗り系というSUVも実際ありますのでそれで足りるかどうかは一応考慮したほうが良いと思います。


また、外見の大きさほどは中は広くない車種が多いように思いますので実用面で使い勝手に合うかどうかのチェックも大切ではないかと思います。がさが大きい=車重が重いので燃費については他カテゴリーに比べると低いですが、ハイブリッドだけでなくクリーンディーゼルが採用されているものも多いので燃費重視の方はそういった選択肢も増えてきています。


本日もお付き合いをいただきありがとうございました。



クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp