いつもご覧いただきありがとうございます。


「80キロまでのクルマと80キロからのクルマの違い」


実はこの言葉は昔聞いたことがあります。確か自動車評論家の三本和彦さんが新車情報というテレビ神奈川の番組でおっしゃっていました。(違っていたらご勘弁ください。)

時速80キロまでは快適な日本車と時速80キロからが本領を発揮するドイツ車他の輸入車の違いを表現されたものだったと記憶しています。


トヨタ車を中心に日本車の味付けというのは静かでゴツゴツしない乗り心地でステアリング裁きは軽く女性でも運転しやすいものが多いと思います。一般道で走っているときはすごく快適ですが、シートも柔らかくて小さめの設定がされる傾向があり、クルマの振動や揺れが室内~最終的には乗っている人間にまで伝わってしまう率が多く、長時間乗ったり高速道路を走ると疲れを感じることが多いものです。(特に小さい車であればあるほど顕著です。)

一方、速度に制限のない区間のある高速道路アウトバーンのあるドイツのクルマは総じて高速安定性に長けている。ボディーがしっかり(ボディ剛性が高い)していて、ステアリングはちょっと重めでしっかりした感触で足回りもふわふわしない。 ボディ剛性が高いということは囲いが丈夫なので高速域での衝突でも人間を守ってくれる確率が高いということになります。


端的に言えばメーカーのお国柄で特徴が出ます。例えば、日本の高速道路は一応100キロが制限速度なので200キロ巡航の性能なんて考えないことが多い。でも、ドイツ車は恐らくVWゴルフあたりでも200キロ巡航は可能なはずです。他ではアルペンルートを抱えるフランス車は山道をすいすい駆け上っていく軽快さが必要といった感じです。

一般道、近・中距離の利用が多いのなら日本車のほうが適しているでしょう。長距離移動や高速走行が多いならドイツ車を中心とした欧州車を検討される価値があります。(もちろん、日本車でもロングツアラーとしての正確を有する車種もあります。)


クルマ選びをする際はどんな使い方を重視するかを考えてみると最適な車種を選べる確率がアップします。外観だけからは分らないツボがあるんですね。


余談ですが、仕事を離れて個人的なクルマ選びを申しますと今のところ日本車に戻る確率は少なそうです。狭い道は挙動変化の起こしやすい日本車のほうが確かにスムーズなのですが、一度慣れてしまうと日本車が頼りなく感じてしまうんですよね。月並みですがやはりドイツ車が好きなようです。


本日もお付き合いをいただきありがとうございました。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
お気軽にご相談ください。
http://car-makotoya.jp

Facebookページも公開中!
ツイッターの内容もリンクしています。誠屋CCSで検索してみてください。