いつもご覧いただきありがとうございます。


投稿初日の記事には書いたのですが、国産車から始まりここ数年はドイツ車に乗っています。そもそもは自分が探している価格帯で乗りたい国産車が見つからず、探しているうちにCクラス乗ってみようかなと考えたのが最初でした。W202と言われる角目のベンツです。古くからのベンツ乗りの方や詳しい方には小ベンツと呼ばれ評価されていない部分もあるのですが、日本の道路事情を考えますと最適なサイズで実用性が高く、本当に良いクルマで自分にとっては名車です。↓写真は販売したC240Tです。

BlogPaint

自分で2台、仕事絡みで1台、直6・V8・V6と乗りましたのでさすがに違うのにしてますが、一番新しくても13年前のモデルなのでほぼ15年~20年前のクルマです。長距離でも疲れにくく、小回り利くし実用性は高いです。体の大きい自分でも快適なポジション取れるし、旧くなっても相応の安全性は確保されていて秀逸でした。


前置きが長くなってすいませんでした。ベンツいいですよという話ではなく、本題は別のところにあります。今回の記事は欧州車にちょっと興味がある、乗ってみたいなという気持ちがある方に向けてというコンセプトになります。


自分の嗜好も相まってで恐縮ですが、欧州車を説明する際には比較的イメージし易そうな例として「スイス製機械式時計」を引き合いに出します。


みなさんは「スイス製機械式時計」といってどういうブランドを思い浮かべるでしょうか?模範解答で言えば、ロレックス、オメガ、TAGホイヤー。次に、カルティエ、エルメス、ブルガリ、フランクミュラー(フランク三浦ではないですよww)、ブライトリング、ロンジン、IWCといったブランドでしょうか。他にも色々あります。

機械式時計と欧州車が似ているというのはどういう理由でしょうか?続きは明日以降書いてみたいと思います。


クルマ好きがクルマ屋やってます。
各種ご相談承ります。
http://car-makotoya.jp