残存価格という言葉を聞いて大よその内容は想像がつくのではないかと思います。

下記の例をご覧ください。実際はもう少し複雑なのですが、シンプルに説明してあります。

例えば、200万円の車でリース契約をしたとします。


・リース期間:5年
・車両価格:200万
・残存価格:60万

ざっくり言いますと、残存価格は5年後に残る車としての売却価値ということになりますので、この60万を引いた形で車両自体を140万としてリース料計算の対象(元本)とします。ちなみに、車両価格は調達価格ですので定価ではなく値引きも含めた金額と考えてください。そして、これは通常使用に伴う経年劣化を前提とした価格になります。大きな損傷等もなく普通に使っている状況を想定しています。

・登録納車までにかかる初期費用
・期間中の税金
・自賠責保険
・メンテナンス費用等(含めない形も可能)

車の場合、最低限上記の費用が発生しますのでそれらの費用を加えて60ヶ月で按分したものが月々のリース料となるわけです。(リース会社の収益である金利が加わります。)


お気付きの方もあると思いますが、仮に残存価格が80万だったらリース料は安くなります。

逆に60万になればリース料は高くなります。車両価格が同じとすると、残存価格が高いものに乗ったほうが月々の支払はお得ということになります。分りやすく言ってしまうと中古期待値の高い車、つまり人気車と言われる車のほうがお得に乗れる傾向が強いわけです。

設定される残存価格はリース会社ごとに異なりますので一概には言えません。私が経験した範囲の内容にはなりますが、例えばフルサイズミニバンのアルファード(ガソリン車)とエルグランドを比較するとアルファードのほうが残存価格が高くなります。仮に同じ車両価格としたらアルファードのほうがリース料的にはお得という理屈です。(比較してエルグランドが悪い車ということではないので誤解なきようお願いします。あくまで市場価格に基づく統計値です。逆に中古車としてはエルグランドのほうがお買い得という見方もできます。)

新車リースの場合、これに予定走行距離という要素が加わります。新車としてのスタートは同じですが、月に500キロ(年間6,000キロ)と月に2,000キロ(年間24,000キロ)では残存価格が変わってきてしまいます。つまりリース料が変わってくるということになります。

今回は残存価格についての説明でした。次回ももう少しリースのことを掘り下げてみたいと思います。