本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

新車のリースについて⑥ ひとまず終了。まとめです。

これまで5回に分けて新車リースとその周辺のことを書いてきました。


現金一括で新車を購入される方又は金利を払うこと自体がもったいないから嫌いという方、一度車を買ったら最低10年は乗る考えの方にリースの特徴やメリットをお伝えしてもあまり響かないと思いますし、購入後は色々手を加えて自分好みにカスタマイズやチューンアップしていきたいというクルマ好きの方にも向かないと思います。


主として法人需要と新車を3年~7年程度のサイクルで乗り換えられることが多い個人の方が対象になるのではないかと思います。リースの場合、提携整備工場も合わせて紹介してくれますので出来れば全部お任せしたいという方にも良いと思います。お仕事や学業の関係で数年間限定でお住まいになり車を必要とされる方のご契約も多いように思います。あとは、例えばご結婚されてお子さんが生まれる前はお二人でスポーツカーやオープンカーに乗ってみたい、子供が独立したのでご夫婦二人で楽しむために少しの間カッコイイ車に乗ってみたい等の期間を限定した利用にも適しているのではないでしょうか。


それから、余り大きな声では言えませんが、ディーラーで車を買うと頻繁な再売込みやフォローが煩わしいという方には意外と良かったりします(笑)契約終了に合わせて次はどうされるかの確認は致しますが、新車が出たからご来店くださいというような案内はありませんので(笑) いずれにしても、内容をご理解いただいた上で活用いただけると良いなと思います。


ちなみに申しますと、車検証の所有者がリース会社、使用者が契約者という形になります。わナンバーなんですか?という質問を受けたことがありますが、レンタカーではないので違います。ナンバーは普通ですし、見た目には分りません。希望ナンバーを付けることもできますし、ディーラーのオプション品を同時に着けることもできますので実際あまり問題はありません。全国各地に納車も可能です。車にあまり頓着しない方、車のことは良く分らないという方でもオートマチックに頭金なしで新車に乗れるという手軽さもあります。


すっかりリース販売の店のように語ってしまいましたが、クルマ屋視点で言っているケースはあまりないように思います。私にとっては「人の心に合うクルマ、人の営みやくらしに合うクルマ」をお届けする手段の一つという位置付けです。リースという方法も存在すると知っていただく一助になれば幸いです。


またネタができたら追加していこうと思います。お付き合いいただきありがとうございました。

次は何のシリーズを書くかな?と思案中です。

新車のリースについて⑤ 中古車か新車リースか?

車を安く買って長く乗るのが一番費用が掛からないという観点からしますと状態の良い安い中古を探して壊れるまで乗るという方法が一番安く乗れるということになります。ただ、低価格の中古は年式の旧いもの、消耗度の高いものが中心になってしまいます。ここと新車リースでは月々のご負担はかなり違ってきますから比較は難しいと思います。

一方、中古車でも人気で需要が多くなかなか相場が下がらないという車種も存在します。その場合は新車のリースにしても思ったよりご負担が変わらず、それであれば新車のほうが安心できるというケースもあります。

例えば、2年落ちくらいまでのミニバン人気車種は新車より安く買えるということで人気があります。ところが新車リースであれば残存価格を引くと車両自体は中古価格とあまり変わらなくなります。仮に月々のご負担が数千円た高かったとしても新車から乗れたほうが気分もいいし何より安心というようなケースがあれば検討に値するように思われます。相対的にはリース料のほうが上回るとは思いますが、新車保証も付帯しますし、差額次第ではやっぱり新車という判断になっても不思議ではありません。それから軽自動車も人気から相場が高めですのでトータルすると新車リースのほうが良いというケースもあるかもしれません。


それからちょっと渋いところで軽バンです。エブリイ、ハイゼット、NV100クリッパーなどです。ノーマルエンジン・標準グレードの新車で90~100万円前後になります。これは実際の商談の際に検証してみたのですが、5年落ち程度、走行5万キロくらいで相応にキズやヘコミがあって内装も消耗しているようなものでも、車検を取って乗出し価格にすると結局60万~70万くらいしてしまうんです。


車自体が意外と高いということはそれだけ需要があるということですが、どちらかというと丁寧に乗られない傾向が強い商用車の中古を買って修理代が嵩んでしまう場合もあることを考えると、多少高くても新車リースのほうが価値が高いという判断も当然成り立つのではないかと思います。(法人様、自営業・個人事業主様の場合は様々なリースのメリットもあります。)


大まかではありますが、中古車との比較でリースのほうがトータルするとベターな場合もあるという事例のご紹介でした。

新車のリースについて④ 車の価値の下がり方

現実的で夢を壊してしまう部分もあるかもしれませんが今回はこのテーマで書いてみたいと思います。ご了承ください。

例として、200万の車両+オプション品+初期費用で総額230万で車を購入したとします。普通に使って数千キロ走り、一年後にこの車を都合により売却したとすると、良好な車両状態で一般的な買取額は大体150万前後かなと思います。また、2年後であれば120~130万前後ということが予想されます。色や人気度により金額の上下はありますが、いずれにしても車は1年目の下落幅が最も大きいということがほとんどです。希少価値のある車種、需給バランスで一時的に高騰している車種など例外もあると思いますが、あくまでモデルケースとしてお読みいただきたいと思います。

現金購入したものを都合により売却したとしても、ローンやリースを途中で解約したとしてもこの車の価値の下がり方は変わりませんので、購入後短期間で解約(又は売却)するとこのギャップの影響を強く受けてしまいます。売って損した、結局残金に及ばず持ち出したということにもなりかねません。

商談をしておりますと、リースって損するというご意見を聞くことがあります。損といってもお客様の見ているポイントにより違うとは思いますが、当初予定より短期で解約されたことにより車自体が手元に残らず精算金が発生して損をしたということなのであれば前述の車の価値の下がり方に影響してしまっている可能性が高いです。この場合は、ローンでもリースでも同じことが発生します。リースにしろローンにしろ支払を重ね数年経ってきますとバランスが取れてきて残金と売却価値が差が小さくなることが多いです。

クルマは高価な買い物です。不測の事態に備え現金購入主義というお客様も多いと思います。現金、ローン、リースのいずれの手段が適しているのかは最終的にはお客様のご判断ですね。どれがいいとも言えませんが、選択肢が多くあることは良いことですし、あまり知られていない新車リースを説明することで選択の幅が広がると良いなと思います。

ちょっと飛躍してしまいますが、現金でも、ローンでも、リースでも、車の価値を出来るだけ下げないように乗ったほうが損をする確率が下がり、もしかしたら少し得をするかもしれないということは間違いないように思います。


次回は実際の商談の話も交えてお話してみたいと思います。

ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場