本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

10月の新車販売台数

今月も新車販売ランキングを簡単に。データについては公的に発表されているものを閲覧しています。それぞれ上位10台は次のようになっています。


■普通車(登録車)
第1位  アクア
第2位 シエンタ
第3位  フィット
第4位  カローラ
第5位  ヴォクシー
第6位    プリウス
第7位  ノート
第8位  ヴィッツ
第9位  ヴェゼル
第10位  クラウン

プリウスは年末にはフルモデルチェンジを控えていますので売れ行きも落ちてきましたね。しかし、アクアとシエンタで鉄壁のワン・ツーといった感じです。1年ほどこの記事書いてますが、クラウンが10位までに入ってきた記憶はありません。マイナーチェンジによって一時的に販売が伸びているものだと思います。ちなみにモデルチェンジした新型ソリオですが16位に入って約4000台を販売しています。堅調なスタートである印象です。 


■軽自動車
第1位  N-BOX
第2位  タント

第3位  デイズ
第4位  キャスト
第5位  ハスラー
第6位  アルト

第7位  ワゴンR

第8位  ムーヴ
第9位  スペーシア

第10位  ミラ

こちらはN-BOX強しの状況が続いています。そして次がタントという順番は変わらず。キャスト(アクティバ)という競合車種が出てきたせいでしょうか、ハスラーの販売台数が増えて5位に上昇してきました。そしてキャストですが、こんなに上位に来るとは思っていませんでした。色々な見方は出来るでしょうが、ミラ(イース)やムーヴを購入していたユーザー層がこちらに移行しているのかもしれません。


軽自動車の売れ筋が130万以上の中〜高価格帯になっているんでしょう。アルト、ミラといったベーシックで軽くて燃費が良いタイプの販売台数は以前より減少し、ムーヴ、ワゴンRといった一昔前からある標準的な軽ワゴンタイプの競争力は落ちているようです。背が高くて室内が広いタイプか個性が明確な車種が上位に来ています。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp


93歳の現役ドライバーが人身事故

ニュースでご覧になった方も多いと思いますが、93歳のご老人の事故の話です。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20151105-00000017-ann-soci


老人の事故と聞くと被害者のイメージが先行しますので少年がひき逃げ事件を起こしたと勘違いしそうになりましたが、事故を起こしてしまったのは93歳の女性で間違いありません。

免許の更新が出来たということに驚くのですが、更にかなり飛ばすタイプのドライバーだったとか・・・。世の中強者は居るもんです。

今花盛りになっているブレーキアシストや将来普通になるであろう自動運転のクルマだったら防げた事故なのかもしれません。

踏み間違い事故の報道も後を絶ちませんので超高齢化社会ではこういった人間以上に安全性を確保できる補助機能は絶対必要なんだなと改めて感じました。

先日免許の更新をした際に高齢者の免許更新制度についても説明を受けましたが、基本的には早期返納を促進する方針のようで、更新するにはハードルが高くなっているようです。それでも、クルマが必要不可欠な環境に暮らす方も多いので、更に信頼性が向上したら補助機能が付いたクルマを購入するための補助金を自治体で支給したり、免許更新条件の緩和という施策が出てきても良いのではないかと思います。

ただ、今回のケースについては大変失礼な言い方ですが、交通ルールなんて気にされてなかった可能性もありますよね。私がルール的な・・。自分が歩行者の際の体験ですが、右側の歩道を走ってチャリンチャリンとベルを鳴らして歩行者にどけどけサインを出す方の多くはシルバー世代の方ですよ。自転車が歩行者と同じレベルの弱者だと思ってる困った方たち。都心では少ないですが、郊外の住宅街になると結構多いです。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

腸内環境改善?

さて、前回のブログで勿体ぶらせていただきましたその他の原因です。

過去の記事には書いてあるのですが、騙されたと思って2ヶ月以上毎日ヨーグルトを欠かさず食べているんです。コンビニで偶々見つけた雑誌を読んでこれは一理あると思って始めたことです。

その本によればヨーグルトを食べる際には一工夫したほうが効果が期待できるとのこと。具体的には「ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖と食物繊維を混ぜて食後に食べる」ことが推奨されています。別の医師も同じようなことをテレビで言っていたようでその方によると「大根おろしとはちみつ」だったように記憶しています。

自分の場合は「レーズン又はシリアルを入れてオリゴ糖シロップを加える」方法を実践しています。1日200g、2日で一パックを食べています。
それから緑茶も相乗効果が期待できるそうで、家の冷蔵庫の麦茶を緑茶に変えました。半信半疑でしたが劇薬ではないので数ヶ月は必要と思って2ヶ月くらい黙って続けてみたのですが、以前より色々な要素で改善されているような気がします。


ひとつは体重と内臓脂肪の減少、そしてトイレ関係(笑)あまり詳しくは書きませんが、以前にも増して快調です!内臓脂肪の減少はコメ減らしとの相乗効果として捉えています。

ヨーグルトも菌の種類が違ったりして人それぞれ合うもの合わないものがあるようで正直どれが良いのか分かりません。普段行く店で手に入れられて、内臓脂肪への好影響が期待できるという宣伝のあったトクホのヨーグルトという取っ掛かりで選びました。

他のヨーグルトを試したい気持ちもなくはないのですが、運良く最初のヨーグルトで今のところ効果が出ているようなのでとりあえず継続です。自分の読んだ本によれば、ポイントは一日に食べる量(200g以上)と食べるタイミング、そしてビフィズス菌を働かせるためのエサを同時にということのようです。

4月頃に比べて5kgほど減った計算になるのでとりあえず10kgを目標にゆる~く地道に頑張っていきます。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。


じっくりとオーダーメイド感覚であなただけの一台を見つけます。

 www.car-makotoya.jp

ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場