本日もくるま日和(誠屋CCSのブログ)

新車・中古車に関するお役立ち情報、車選びに関する情報など分かり易い形で 発信していきたいと考えています。クルマ屋から見た日々の雑感、普段の出来事 なども書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。 

ブログ以外にもクルマに関するニュースや情報を発信しています。よろしくお願い致します。
Facebookページはブログのサマリー+αになっています。

公式Web → http://www.car-makotoya.jp

意外だったハスラーの人気

こんにちは、大村です。

ご存知の方も多いと思いますが、軽自動車が売れています。中古車も軽が人気で価格も高いです。統計によれば、新車の上位人気車種は月に1万台以上売れているそうで、タント、N-BOX、ワゴンRなどが該当します。


先日データを見るとスズキ・ハスラーの直近の販売台数が約1万台でした。注文後納車までに半年以上待つ状況でしたのでかなり売れているということは知っていたのですが、ここまでとは予想していませんでした。


現行ワゴンRをベースに開発されたということなので安心度は高いはずです。ジムニーのユーザー層も意識したのかMTの設定もあり、遊べるクルマに仕上がっているという見方もできそうです。


ただ、あのファニー系のデザイン、悪く言うとおもちゃっぽいところがあるので好き嫌いが分かれるのではないかということも感じていました。しかし、この売行きを見ると個性的なデザインも含めて評価されたんですね。


軽自動車は、一昔前では考えられないほど進化しています。好みは別として、室内空間や動力性能、装備面を見ても用途が合えば一台保有のファミリーカーとしても十分というレベルです。仕事絡みで自分が乗ってみてもそう思えます。

各社が普通車(登録車)に負けない車を作ろうと企業努力をされたのだと思います。正常進化して、ある意味まともなクルマばかりになってしまい、面白味に欠けていたところにハスラーのようなタイプが出てきてユーザーの心を掴んだのかな? そんな勝手な推察をしています。


若者がクルマに魅力を感じない一因は買いたいと思うクルマがないからだとする意見もあります。詳細は分かりませんが、若い世代の購入が増えているのであれば一つのヒントなのかもしれません。


ハスラー人気はどれくらい続くのか?中古でも飽きられず人気が持続するのか?そんなことに興味を持っています。


400万以上したのに・・・・

こんにちは、大村です。

日本の高級車の代名詞クラウン。好みは別として、長く付き合える良い車であることに疑いの余地がありません。以前、リース商談をさせていただいたお客様から下取りの相談を受け、10年落ち、走行12万キロくらいのクラウンの査定を実施したことがあります。


色はシルバーのロイヤルサルーン。白黒より人気はないですが、丁寧に乗られていて状態は大きな問題がないレベルです。しかし、残念ながら下取り金額として提示できる金額は新車価格の10分の1以下・・・。大切にお乗りの車に少しでも値を付けたいと思いますが、現実的には難しい状況でした。


過去のカタログ見ると10年前のロイヤルサルーンは430万程度していたようです。高級車に乗ることの喜びを十分に堪能されたことと思いますし、費用に見合った満足が得られたと思いますが、オーナーの立場からすると一抹の寂しさを感じてしまいますよね。(ニーズが合えば中古車としてはまだいけます。)


生産台数が極端に少なかった希少車や名車の類や一部の例外的な状況を別にしますと、量産される一般的な自動車は年数経過と消耗度(走行距離)が増せば増すほど価値が下落してしまいます。クラウンも先ほどのような感じです。


著名な自動車評論家の方が「車は売っても買っても損をする」と書いていらっしゃるのを見たことがあります。ズバリ本質を突いた言葉であると思います。クルマ屋としての立場では、「便利な手段を得たり、希望を実現する代わりに費用が発生してしまうのは避けられない。納得していただける費用の掛け方を見つけ出す。」そういう意識を持っておくことが重要だと考えています。


①新車から長く乗る ②比較的新しい中古車を買って下取り価値も期待する ③中古を買って乗りつぶす(もしくは売らずに維持していく) 多くの方のクルマの買い方はこの3種類に分類されると思います。どれもメリットとデメリット、発生費用の違いがありますが、ランニングコストも含めてどのタイプの買い方がお客様に適していてご納得いただけるかが大切なポイントではないかと思います。


ランクル70

こんにちは、大村です。


最近、ランクル70が国内で再発売されました。ファンの方は歓喜されたのではないでしょうか。昔懐かしい昭和感たっぷりの車体を未だに作っていたことを正直知りませんでしたが、ハイブリッドと燃費を売りにしているトヨタがこういうことをしてきたというのには懐の深さを感じました。


冷静に考えてみれば、かのハイエースに代表される実用的で頑丈で壊れない車を作るのはトヨタのDNAでしょうし、一般の乗用車にしても結局トヨタが一番壊れにくいと考えている方が多いのではないでしょうか。


インタビュー記事で見ましたが、「鋪装された平地を走る限りにおいては300万キロメートルでも400万キロメートルでも何ともない」だそうです。凄い。燃費は別としてもこれは一生モノとも言える耐久性です。こういう選び方もありかもしれません。みなさんはどうでしょう?


日本で暮らしていると舗装されてない道路のほうが少ないと感じますが、日本だけでなく世界中にランクル70のように悪路走破性能が高くて信頼性・耐久性のある車でないと成り立たない場所もたくさんあるわけです。


30年前に世に出た車が今でも評価され生産・販売されている。基本設計のクオリティーの高さと携わる方たちの信念と情熱がないとできません。こういう話はなにか嬉しくなります。

ギャラリー
  • 国産のアンティーク手巻き時計
  • 喫煙室のある飲食店は見たことなかった
  • 人柱? Windows10インストールしました
  • Surface3 使ってみた感想
  • NV200のタクシーって一見良さげだけど・・
  • インプレッサにもハイブリッドが登場予定
  • その手があったか・・・ジェイドRS登場
  • マツダ・ロードスターいよいよ発売
  • 桜のトンネル
プロフィール

car_makotoya

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場